ふくらはぎが太い原因は反張膝【改善しないと太いまま】

スポンサーリンク

筋トレやジョギングをしても、ふくらはぎが細くならない…

むしろ、太く筋肉で張ってしまった…

そんな悩みありませんか?

悩みの原因は反張膝です。

反張膝のまま筋トレやジョギングをしても、ふくらはぎは細くなりません。

今までどんなダイエットをしても、ふくらはぎだけ痩せませんでした。

まずは、反張膝を改善しないといけないんですね。

テツ
テツ

反張膝は、ふくらはぎだけでなく、足全体を太くしている原因です。

スキニーを履きたいなら、必ず改善しましょう。

自信を持ってスキニーが履けるスタイルになりたい!

反張膝が改善すれば、下半身太りが改善しますか?

テツ
テツ

スキニーが履けるようになります!

改善するために、まずは反張膝について理解しておきましょう。

反張膝は整体に行かなくても、自分で改善することができます。

ですが、改善には反張膝の原因・特徴について知る必要があります。

この記事を読めば、反張膝の改善に必要な知識がすべて分かります。

 記事の作成者紹介

  • スポーツ・メディカル専門学校卒業
  • フィットネスクラブでインストラクターとしての指導歴6年

 所有資格

  • 健康運動実践指導者
  • JATIトレーニング指導者
テツ
テツ

フィットネスインストラクターが徹底的に解説します!

この記事で分かること

  • 反張膝とは何か
  • 反張膝の仕組み・原因
  • 太くなる筋肉
  • ふくらはぎを細くする方法

反張膝は、特定の筋肉が太くなってしまいます。

太くなる仕組み・原因が分かれば、正しい方法で改善ができます。

こんな方にオススメ

  • ふくらはぎを細くしたい人
  • どんなダイエットをしても、ふくらはぎが細くならなかった人
  • 下半身太りで悩んでいる人

ふくらはぎ・下半身が太い原因は、反張膝です。

反張膝について知り、ふくらはぎを細くする準備をしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

反張膝とは何か

反張膝とは

図のように、膝が”逆くの字”に曲がっている状態を反張膝と言います。

正確な定義は、大転子から垂直に線を引いた時、膝が10°伸展している状態です。

正常な状態と比べると、膝が後ろに押し込まれ、ふくらはぎが後ろに張り出しています。

だから運動しても細くならなかったんだ…。

反張膝は、ふくらはぎが太く見えるシルエットですね。

テツ
テツ

反張膝を改善しないと、ふくらはぎのシルエットは変わりません。

脂肪の量は、そこまで重要ではありません。

ダイエットをしても、ふくらはぎは太い人は、脂肪の量が問題ではありません。

ふくらはぎのシルエットに問題があります。

反張膝とふくらはぎ

ふくらはぎが後ろに反ったシルエットは、ふくらはぎを太く見せてしまいます。

厄介なのは、太くなるのはふくらはぎだけではないことです。

反張膝は、下半身全体が太くなってしまうのです。

反張膝と太もも

ふくらはぎが後ろに張り出すと、身体のバランスが崩れます。

身体は、前後のバランスを保つためにとある部分を前に張り出します。

それが太ももの前です。

ふくらはぎも太もももパンパン…。

まさに私の足はこんな感じです。

バランスを保つために、太ももの前が張るなんてビックリです!

テツ
テツ

下半身太りは、脂肪の量を原因にされがちです。

根本的な原因は、身体の歪み・筋力バランスの崩れです。

パンパンに張ったふくらはぎと太もも…

スキニーを履きたい人にとっては、致命的なシルエットです。

なぜ、反張膝で膝が押し込まれると、下半身が太くなるのでしょうか?

この時、筋肉がどのような状態なのか、図で確認してみましょう。

反張膝でふくらはぎと太ももが太くなる仕組み

反張膝とつま先の状態

図のように、膝を後ろに押し込むと、足全体が”逆くの字”に曲がります。

この時の足首の動きに注目してみましょう。

膝が後ろに押し込まれることによって、足首が伸びた状態になります。

いわゆる、つま先立ちの状態です。

ふくらはぎ以外では、太ももの筋肉に大きな影響を与えます。

反張膝で縮む筋肉

太ももは裏が伸び、前は縮んだ状態になります。

反張膝の人は1日中、ふくらはぎと太もも前が縮んでいます。

「常に縮んでいる=常に筋トレ状態」となります。

そのため、ふくらはぎや太ももの前がどんどん肥大して、太くなります。

そしてカチカチに固まっているので、細くすることが難しい状態になっています。

この状態で筋トレやジョギングを行っても、細くなりません。

それどころか、足を太くしてしまいます。

足を細くしたくて、筋トレやジョギングをしていました。

これを見て分かりましたが、逆効果だったんですね…。

テツ
テツ

”足が太い=足の筋トレで解決”ではありません。

身体の仕組みを知ると、色々な発見がありますね!

スポンサーリンク

反張膝の原因

なぜ、反張膝は起こるのですか?

これと言って心当たりがないのですが…。

テツ
テツ

反張膝の原因は、日常生活にあります。

自分では気付くことが難しいので厄介です。

反張膝の原因は主に3つです。
反張膝の原因
  • ヒールを頻繁に履く(1年以上)
  • 膝を伸ばし切って立つ癖がある
  • 腰が反っている(骨盤前傾)

3つの原因について、なぜそこから反張膝になるのか、図を使って解説します。

①ヒールを頻繁に履く

1つ目の原因は、ヒールを頻繁に履くことです。

ヒールを履くと、下記のように足首が伸びた状態になります。

反張膝とヒール

「足首が伸びた状態=常につま先立ち」の状態です。

常にふくらはぎが筋トレ状態になり、どんどん太くなります。

②膝を伸ばし切って立つ癖がついている

2つ目の原因は、膝を伸ばし切って立つ癖がついていることです。

自分では意識しないと気が付くことができません。

膝を伸ばし切って立つ原因は、筋力バランスの崩れ・身体を支える筋力不足です。

どういうことか?

立ち仕事などを想像してみてください。

① 膝を曲げた状態で立つ
② 伸ばし切った状態で立つ

どちらの方が楽ですか?

おそらく②番の、膝を伸ばし切った状態でしょう。

膝でイメージがし辛い場合、腕で考えてみましょう。

下記の図で①と②、どちらが楽に体勢をキープできますか?

反張膝と関節のロック

②の関節を伸ばし切った方が、圧倒的に楽です。

人間は筋力が不足すると、楽に身体を支えるために、関節を伸ばし切ります。

ここでの筋力というのは、筋肉の量が少ないのではありません。

身体を支えるための筋肉が、長時間上手く使えない状態のことです。

③腰が反り骨盤が前傾している

3つ目は、腰が反り、骨盤が前傾していることです。

反張膝の人は大半が反り腰です。

反張膝の原因が反り腰?

膝と腰って関係なさそうなのに。

テツ
テツ

関係あります!

実際に、反り腰から反張膝になる人が多いです。

なぜ、反り腰から反張膝になるのでしょうか?

図で仕組みを確認してみましょう。

反張膝と骨盤前傾

図のように、反り腰の人は骨盤が前傾しています。

人間の身体は、重心を元の位置である身体の中央に戻そうとします。

本来であれば、大転子・膝・くるぶしのラインは一直線になるはずです。

ですが、骨盤が前傾することで、膝がラインより後ろにズレてしまいます。

すると、膝を逆くの字にして、くるぶしをラインに合わせようとします。

関節が逆くの字のままでは、バランスが悪く、立つことができません。

バランスをとるために、太ももの前を発達させて、前に張り出します。

このようにして、反り腰から反張膝が起こり、下半身を太くしてしまうのです。

太ももの前だけ出ているのは、バランスを保つためなんですね。

下半身が痩せない原因は、身体の歪みということですね。

テツ
テツ

人間の身体はとにかく、重心を安定させようとします。

重心を正しく中央にすることが、身体の歪みを改善するポイントです。

下半身太りを改善するには、身体の歪みを正さなければいけません。

反張膝や反り腰を改善してから、トレーニングを行うのが正しい流れです。

反り腰の原因は筋肉バランスの崩れ【筋トレは逆効果!?】にて詳細を解説しています。

ぜひ参考にしてください。

反張膝の改善方法

反張膝が改善しないと、スキニーが履けませんね…。
自分で反張膝は改善できますか?

テツ
テツ

自分で改善できます!

ただし、1ヶ月〜3ヶ月ぐらい時間がかかります。

反張膝は整体に通わずに、自宅で改善することができます。

改善方法は主に3つです。

反張膝の改善方法
  1. 重心を中心に戻すグッズの着用
  2. 下半身の筋膜リリース
  3. 下半身のストレッチ

重心を元に戻しながら、ストレッチで筋肉をゆるめる方法が、最も効率的です。

3つも方法があるんですね!

①〜③の内、どれか1つだけではダメですか?

テツ
テツ

3つ全て行う方が早く改善します。

私は①〜③を1ヶ月間続けて、ふくらはぎの形が目に見えて変わりました!

正直なところ、①〜③の内の1つでは、改善は難しいです。

①〜③にはそれぞれ異なった役割があります。

実際に使用したグッズは反張膝を改善するおすすめグッズ6つ【1ヶ月でふくらはぎの形を変える】にて紹介しています。

反張膝の改善方法

②・③のストレッチだけでは、重心の位置が変わらないので、ストレッチをし続けなければいけません。

①の方法は、重心を元に戻す効果は絶大です。

しかし、筋肉がほぐれていない状態では、改善スピードが遅いです。

3つすべて行うべきですね。

けど大変そう…。

テツ
テツ

①は着けるだけなので、家事をしながらでもOK!

②・③も各10分〜15分程度なので、簡単にできますよ!

トータルしても、かかる時間は30分程度です。

30分の積み重ねでスキニーが履けるなら、始めるしかありません。

本気でふくらはぎを細くしたい人は、3つすべて行うことをおすすめします。

下記関連記事にて、詳細を解説していますので参考にしてください。

ふくらはぎが太い原因のまとめ

今回の記事のまとめです。

 ふくらはぎが太い原因のまとめ
  • 反張膝のまま運動をすると、余計に太くなる
  • 反張膝が改善すると、ふくらはぎ・太ももが細くなる
  • 身体はバランスを保つためなら筋肉を太くする
  • 改善方法は重心を戻す+ストレッチが最短
今回は、反張膝とふくらはぎが太くなる原因について解説しました。

反張膝はふくらはぎが太くなる原因です。

仕組みを知って、なぜ運動しても、ふくらはぎが太いままなのか分かったと思います。

仕組みや原因が分かれば、正しく最短で改善できる方法が分かります。

最短で下半身太りを改善し、スキニーを履きたいなら、反張膝を改善するべきです。

最短でスキニーを履ける足にするために、1日30分の積み重ねを今日から始めてみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
下半身太り改善
テツをフォローする
テツログ|ダイエット完全攻略