チキンタツタのカロリーを比較!ダイエット中に食べるならどれ?

スポンサーリンク

マクドナルドから期間限定でチキンタツタが販売されています。

ダイエット中はご法度とされているマクドナルドです。

ですが、どうしても食べたい時があります。

この中でダイエット中に食べても、ダメージが少ないのはどれでしょうか?

 

私ならごはんチキンタツタを選びます。

 

なぜごはんチキンタツタを選ぶのか?

他のバーガーより圧倒的に〇〇が少ないからです。

今回はダイエット中に重要なPFCバランスの観点から、各バーガーに含まれる成分を解説します。

【マクドナルド関連記事】
ナゲットとシャカシャカチキンどっちが太らない?

ダイエット中に避けるべきバーガーは?

ダイエット中に食べても良いバーガーは?

画像:マクドナルドホームページより引用

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チキンタツタについて


■カロリーが1番低い
炭水化物が1番低い

3つの中で一番カロリーが低い商品です。

379Kcalは、マクドナルドのバーガーメニューの中でも低い方です。

また、PFCバランスの比率が

C>P>F

と理想の形となっています。

バランスは良いのですが、脂質の量が16.9gと高いところが気になります。

脂質の1日当たりの適正量は40g〜65g程度です。

サイドメニューを食べる場合、1日の脂質量を超えてしまうので注意が必要です。

【関連記事】
PFCバランスとは?

1日の必要量が分かるPFCバランスの計算方法

チキンタツタ めんたいチーズについて

■カロリーが1番高い
■脂質が1番多い
■タンパク質が1番多い

3つの中で一番カロリーが高い商品です。

ですが、気になるのは脂質の高さです。

3つの中で一番多くの脂質を含んでいます。

脂質の1日当たりの適正量は40g〜65g程度です。

なので、1食あたり20g以下の脂質量が理想です。

めんたいチーズの脂質量は25.9gとなっており、1食分の脂質を遥かに超えています。

サイドメニューと一緒に食べる場合は、1食で1日の脂質量を超える場合があります。

ダイエット中は避けるべき商品です。

 

スポンサーリンク

ごはんチキンタツタ

■炭水化物が1番多い
■脂質が1番少ない

3つの中で一番炭水化物が多い商品です。

ですが、理想のPFCバランスは炭水化物の比率が一番多いのです。

(理想のPFCバランス:炭水化物50〜65%)

日本人の1日あたりの炭水化物摂取量の平均は300g程度と言われています。

ですので、1食あたりの炭水化物量の目安は100g以下です。

ごはんチキンタツタに含まれる炭水化物は54gですのでクリアしています。

炭水化物の量は多いのですが、脂質の量は3つの商品の中で一番少ないです。

ダイエット中のPFCバランスは脂質が一番少ないことが理想とされています。

 

チキンタツタまとめ

ダイエット中はごはんチキンタツタを選ぶ

脂質量が少ないものを選ぶ

今回はマクドナルドの期間限定商品である、チキンタツタについて解説しました。

どれも美味しそうで魅力的な商品です。

ですが、食べる際はどんな栄養バランスか理解しておきましょう。

1日のPFCバランスが崩れないように、それぞれの上限値を超えないように摂取することがポイントです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイエット最新情報
テツをフォローする
テツログ|ダイエット完全攻略