クレアチンとは?飲み方や効果を解説!

スポンサーリンク

クレアチンとは飲むことで、トレーニングパフォーマンスを高めることができるサプリメントです。

ベンチプレスでいつもより高いウエイトが扱える、反復回数がいつもより増えるなどの体感があります。

クレアチンはその効果から200年以上研究され続け、実績が多く残されています。

トレーニングを行なっている方の間でもメジャーなサプリメントでプロテイン・BCAAの次に名前があがるサプリメントです。

このページではクレアチンについて効果・飲み方など解説します。

クレアチンとはどんなサプリメント?

クレアチンとは
・アミノ酸から生成される成分で作られたサプリメント

・筋肉が収縮される際に使われる

・短時間、高強度で行われるトレーニングで使われる成分

クレアチンとはアミノ酸の一種であるアルギニン・グリシン・メチオニンから生成される成分です。

人間の身体で作ることができる非必須アミノ酸に分類され、クレアチンの95%が筋肉の中にあります。

クレアチンは高強度の筋トレや競技スポーツなど短時間に高強度で行われる運動のエネルギーを作り出すことができます。

体内で作ることができ1日あたり1〜2gのクレアチンを体内で生成しています。

ですが筋肉量の低下によりクレアチンの生成量が少ない方激しい運動によりクレアチンを消費した日食事から摂取する必要があります。

クレアチンは主に肉類・魚類に含まれていますが牛肉200gに1gと含有量が少ないのです。

不足分はサプリメントから補いますが、クレアチンを飲むことでどんな効果があるのでしょうか?

クレアチンを飲むとどんな効果がある?

クレアチンの効果
・短時間、高強度で行う運動のパフォーマンス向上

・トレーニングの強度が上がることで筋肉量の増加

クレアチンの効果として最も大きいのがトレーニングのパフォーマンス向上です。

具体的には

通常:ベンチプレス 80kg クレアチン摂取後:90kg

通常:スクワット 100kg×10回×3セット クレアチン摂取後:100kg×4セット

通常:デッドリフト 90kg×8回×3セット クレアチン摂取後:90kg×9回×3セット

扱えるウエイトが上がる反復回数が増える行えるセット数が増えるといった効果があります。

簡単にいうと、バテにくくなる・粘り強くなる・”もう1回”ができると言ったイメージです。

クレアチンは魔法のサプリではなくちゃんとしたメカニズムがあります。

人間の体は運動をする際にアデノシン三リン酸(ATP)という物質を分解しエネルギーを得ています。

分解されたATPはリン酸が1つ少なくなった、アデノシン二リン酸(ADP)という物質に変わります。

運動を続けるために分解されたADPを素早くATPに再合成する必要があります。

クレアチンはATPを再合成する働きを持っているため、エネルギー不足を防ぎ、トレーニングでのパフォーマンスが向上するのです。

トレーニングのパフォーマンスが上がり、適切に筋肉に負荷をかけられることで筋肉量の増加に繋がります。

ただしクレアチン自体が筋肉の材料になる訳でないので、身体を大きくしたい・筋肉を維持したい場合はプロテインやBCAA・EAAなどと組み合わせる必要があります。

トレーニングの質を高めることができるクレアチンですが、副作用はないのでしょうか?

次のページでクレアチンの副作用や正しい飲み方について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
筋肉を増やす
テツをフォローする
テツログ|ダイエット完全攻略