グルタミンとはどんな効果がある?

スポンサーリンク

トレーニングを始めたり、健康に興味・関心を持つようになると様々なサプリメントの情報が目に入るようになります。

今回解説するグルタミンはトレーニングを習慣としている人であれば一度は聞いたことがあるサプリメントだと思います。

トレーニングや身体作りに関して重要な役割があり、最近疲れやすいと感じている方はグルタミン が不足している可能性があります。

このページではグルタミンについて解説します。

グルタミンとは?

グルタミンとは
・身体を動かすエネルギー源となるアミノ酸の1種

・風邪を引いた時、疲労感が溜まっている、ストレスを感じた時に大量に消費される

グルタミンはアミノ酸の1種で、バリン・イソロイシンから体内で生成されます。

トレーニング以外でも日常生活で大量に消費されトレーニングや風邪など身体にストレスがかかった状態の時に消費されます。

グルタミンは体内のアミノ酸の内60%を占め筋肉の中や血液中に大量にストックされています。

体内で生成することができる非必須アミノ酸に分類されています。

ですが、日常で大量に消費されることから、体内で合成が間に合わない不足分は体外(食事・サプリメント)から摂取が必要な準必須アミノ酸に分類されています。

グルタミンを飲むとどんな効果がある?

グルタミンの効果
・筋肉分解の抑制

・消化管機能の安定、サポート

・免疫力向上

グルタミンは身体を動かすエネルギー源です。

トレーニング時には大量のグルタミンが消費されます。

グルタミンが不足した状態でトレーニングを行うと身体が筋肉を分解してグルタミンを合成します。

筋肉を増やす・維持するためにトレーニングをしているのに、身体を動かすために筋肉を分解していては元も子もありません。

グルタミンを摂取し血中・筋肉中の濃度を保つことで筋肉が分解されることはなく、筋肉量増加・維持をすることができます。

またグルタミンは腸管とよばれる消化に関わる器官のエネルギー源でもあります。

腸管とは食事から摂った栄養素吸収する・細菌やウイルスの侵入を防ぐ働きがあります。

グルタミンが不足していると、細菌やウイルスの侵入による体調不良栄養素の吸収効率が悪くなることが考えられます。

日頃から食事内容を考慮し、バランスの良い栄養補給を心がけていても吸収されなければ意味がありません。

さらにグルタミンは身体の免疫を担当する細胞、リンパ球・マクロファージ・好血球のエネルギー源になるため、免疫力の向上に効果があります。

実験でも効果が立証されておりマラソンランナーに、マラソン完走直後・完走2時間後にグルタミンを摂取してもらったところ、感染症の発症率が下がったという方奥があります。

身体を動かす・免疫力を高めるなど、重要な働きのエネルギー源となるグルタミンですが、
どんな食品に多く含まれるのでしょうか。

次のページで解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
筋肉を増やす
テツをフォローする
テツログ|ダイエット完全攻略