HMBとはどんなサプリメント?飲んで効果はあるのか?

スポンサーリンク

HMBと言うサプリメントを聞いたことはありますか?

芸能人がトレーニング中にHMBサプリメントを摂取している姿がSNSでアップされ一気に話題のサプリメントになりました。

世間のイメージは「飲むだけで筋肉が付く・痩せやすくなる」と言ったところです。

本当にHMBは飲むだけで筋肉が付き痩せるのでしょうか?

このページではHMBとは何か・効果や飲み方を解説します。

HMBとは?成分が入っている成分は?

HMBとは
・筋肉の合成を促す
・筋肉の分解を抑制す

HMBに入っている成分
・β-ヒドロキシ
・βメチル酪酸

HMBとはβ-ヒドロキシとβメチル酪酸の略称です。

このHMBはBCAAに含まれるロイシンの生成物であり、ロイシンの5%から生成されます。

ロイシンは非必須アミノ酸ですので体内で作ることができます。

しかし1日に生成されるロイシンの量は0.2〜0.4gで、HMBはそのうちの5%と僅かな量しか生成されません。

不足分は食事やサプリメントから摂取する必要があります。

(ロイシンを多く含む食材:肉の赤身・鶏むね肉・大豆・魚類)

HMBを飲むとどんな効果がある?

HMBの効果
・筋肉量が増えメリハリのある身体になる

・筋肉を落とさないことができる

HMBには筋肉合成を促すスイッチをONにする効果があります。

筋タンパクの合成を促すmTORという伝達回路があるのですが、HMBはその回路のスイッチをONにします。

簡単に言うとHMBは「筋肉を作りなさい」と身体に合図を送ることができます。

もう1つ、HMBには筋肉分解を促すスイッチをOFFにする効果があります。

筋肉を分解する伝達回路をユビキチン・プロアラソームと言い、この伝達回路のスイッチをOFFにします。

HMBは「筋肉の合成を促す筋肉の分解を防ぐ」ことができ身体を”トレーニングモード”にスイッチONできるのです。

トレーニングをされている方にとっては非常に魅力的なサプリメントですが本当に必要なのでしょうか?

次のページでどんな人に必要か、具体的な飲み方について解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
筋肉を増やす
テツをフォローする
テツログ|ダイエット完全攻略