インナーマッスルとは|鍛えるとどんな効果がある?

スポンサーリンク

インナーマッスルとは、身体の奥の方にある筋肉の総称です。

腹筋や体幹の筋肉だけを指しているのではありません。

インナーマッスルを鍛えると、美容や健康に良いと言われ、ここ数年で注目を浴びるようになりました。

トレーニングは自分の目的に合ったものを選択しなければいけません。

具体的に、インナーマッスルを鍛えると、どのような効果があるのでしょうか?

普通の筋トレと何が違うのでしょうか?

 記事の内容
 インナーマッスルとは何か
 インナーマッスルの働き
 インナーマッスルを鍛えるメリット
 インナーマッスルを鍛える方法

インナーマッスルを知って、自分に必要なら、さっそく今日から鍛えましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インナーマッスルとは何か?

インナーマッスルとは

Point
 身体の深いところにある筋肉
 目で確認することが難しい筋肉
 鍛えても見た目に表れにくい筋肉

インナーマッスルとは身体の深いところにある筋肉の総称です。

深層筋とも呼ばれています。

インナーマッスルは腹筋や背筋などの体幹にあると思われています。

ですが、インナーマッスルは上半身にも下半身にもあります。

ではこのインナーマッスルは私たちの身体でどのような働きをしているのでしょうか?

 

インナーマッスルの働き

インナーマッスルは私たちの身体でどのような働きをしているのでしょうか?

Point
 関節を安定させる
 内臓の位置を安定させる

インナーマッスルは、身体を調整するために重要な働きをしています。

その働きをより詳しく知るために、代表的なインナーマッスルを紹介します。

お腹のインナーマッスル 腹横筋

お腹の一番奥にある筋肉です。

コルセットの役割があり、体幹の安定に関与しています。

また内臓に腹圧を掛けて、排泄を助ける働きがあります。

健康やダイエットにおいては、腹横筋を鍛えると姿勢が安定と言われています。

 

背中のインナーマッスル 多裂筋

腰背の一番奥にある筋肉です。

背骨の椎骨同士を繋いでいます。

主に脊柱を支える役割があり、姿勢保持に関与しています。

 

お腹のインナーマッスル 横隔膜

主に腹式呼吸の際に使われる筋肉です。

腹式呼吸は深い呼吸のため、自律神経を安定させる効果があります。

膜という名前ですが、筋肉なので鍛えることができます。

 

骨盤底筋群

骨盤の周りについている筋肉です。

内臓や膀胱の位置を支える役割があります。

骨盤底筋群が緩むと、尿漏れや内臓下垂に繋がります。

これらは代表的なインナーマッスルで、私たちの深層部で大切な働きをしています。

インナーマッスルは身体の深層部にあるため、鍛えても見た目に変化が出にくいのです。

見た目があまり変化しないインナーマッスルを鍛えるメリットはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

インナーマッスルを鍛えるメリット

 

Point
 姿勢がよくなる

インナーマッスルは、関節を正しい位置に安定させる筋肉です。

関節の位置が正しいということは、正しい姿勢であるということです。

姿勢は健康的で美しい身体を作るための基本です。

悪い姿勢から正しい姿勢に変わることで、得られる効果は沢山あります。

Point
 肩コリ・腰痛の改善

姿勢が悪い状態というのは、どこかに集中して体重や負担が掛かっている状態です。

特定の部分に継続して負担がかかることで、慢性的な疲労となります。

慢性的な疲労は肩コリや腰痛の原因です。

姿勢がよくなることで、身体にかかる体重が均等になります。

そうすると慢性的な疲労が徐々に緩和され、肩コリ・腰痛の改善が期待できます。

Point
 ギックリ腰の予防

腹部のインナーマッスルにはコルセットの役割があります。

腹部のインナーマッスルを鍛えると、コルセットの働きが強くなります。

体幹が安定し、腰にかかる負担が軽減されます。

 

インナーマッスルを鍛える方法

インナーマッスルを鍛えるメリットは沢山あることが分かりました。

インナーマッスルを鍛えるには、どのような種目のトレーニングを行えばいいのでしょうか?

 

インナーマッスルを鍛える種目に決まりはない

インナーマッスルは腹筋やプランクなどの、体幹トレーニングをイメージします。

もちろん、腹筋やプランクでも鍛えることはできます。

ですが、必ず体幹トレーニングである必要はありません。

条件を満たせば、上半身や下半身のトレーニングでインナーマッスルを鍛えることができます。

 

自分で身体を支えながら行うトレーニング

下記のようなトレーニングは、インナーマッスルを鍛えることができます。

Point
 自分で身体を支える
 自分で姿勢を保持する

具体的な種目の例は下記です。

・スクワット
・ベンチプレス
・ランジ

フリーウエイトでの、ベンチプレスを想像してみてください。

自分で正しい姿勢を保持しながら、バーを正しい軌道で動かさなければいけません。

この時に、関節を安定させるインナーマッスルが働くため、鍛えることができます。

逆に、インナーマッスルを鍛えることができない種目はマシンを使ったトレーニングです。

マシンは基本的に座席や背もたれが付いています。

自分で身体を支えないため、インナーマッスルはほとんど使われません。

インナーマッスルを鍛えたい場合は、自分で身体を支える種目を中心に行いましょう。

 

インナーマッスルについてまとめ

今回の記事のまとめです。

 まとめ
 インナーマッスルは身体の奥にある筋肉の総称
 インナーマッスルは体幹だけではない
 姿勢を保持や内臓の位置を安定させる働きを持つ
 自分で身体を支える種目で鍛えられる

今回はインナーマッスルについて解説しました。

インナーマッスルは、体幹だけを指すのではありません。

そのため、鍛える方法も腹筋や体幹トレーニングたけではありません。

鍛えることで姿勢の保持など、身体にとってメリットが多いです。

新たにインナーマッスルのメニューを組み込めない場合は、マシントレーニングをダンベルトレーニングに変更してみましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
筋肉を増やす
テツをフォローする
テツログ|ダイエット完全攻略