低糖質米とは|本当にダイエット効果はあるのか?【糖質78%OFF】

スポンサーリンク

低糖質米とは、ダイエットのために、通常のお米よりも、糖質を少なくしたものです。

1日1〜2食を、低糖質米に置き換えることで脂肪が減り、結果が出ます。

低糖質米で、痩せることは可能です。

実際に私は、主食を低糖質米に置き換えること、でダイエットに成功しました。

糖質米を食べた体重の変化

結果は、3ヶ月でマイナス7キロです。
正しく糖質制限を行うことで、ダイエットは成功します。

しかし、糖質はお米・パン・麺類などの主食に含まれているため、制限が意外と難しいのです。

主食の量を減らすだけの、我慢するダイエットは長続きしません。

今まで、量を減らすダイエットで失敗してきました。

ストレスも溜まって、しんどいのに痩せませんでした…。

なので、私は食べる量を減らさずに、糖質をオフできる、低糖質米を選びました。

今回は、3ヶ月で7キロ痩せることができた、低糖質米について解説してます!

※糖質77.9%OFF の低糖質米
余談ですが、私が食べていた低糖質米は TRICE(トライス)です。
選んだ理由は、糖質オフ率が高いからです。
今から最短で痩せるなら、最安値の公式サイトから、サクッとトライスを始めてみてもいいかもしれませんね。
≫TRICE(トライス)公式サイト【糖質77.9%OFF】

 記事の内容
  • 低糖質米とは何か
  • 白米とどれぐらい、糖質に違いがあるか
  • 3ヶ月で7キロ痩せた方法

低糖質米の魅力と、私が痩せた具体的な方法を解説しています。

 こんな方におすすめ
  • 食べる量を減らさずに、痩せたい人
  • 食事制限で、ダイエットに失敗した人
  • 痩せない原因が、食事だと感じている人

白米と低糖質米を比べると、その違いに驚くこと間違いなしです!

 本記事の信頼性

それでは、前置きはこの辺にして、本編へいきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

低糖質米とは

低糖質米の減量

低糖質米はダイエットのために、通常のお米よりも、糖質を少なくしたものです。

糖質が少ない理由は、原料の違いです。

低糖質米の原料
  • こんにゃく
  • トウモロコシ
  • 大麦
  • 米粉

これらの原料を特殊な技術で、お米の形に仕上げていきます。

低糖質米は、お米の形をしているが、お米ではない食品といった感じです。

そのため、白米よりも大幅に糖質をカットすることができます。

テツ
テツ

低糖質米は、ツヤがなく、パラパラした感じです。

食べた感じは、タイ米に近いです。

食べ方は、商品によって異なります。
低糖質米だけで食べられるものや、白米と混ぜて炊くタイプのものがあります。

低糖質米と白米を比較

低糖質米白米
TRICE(トライス)白米
カロリー:100Kcalカロリー:168Kcal
糖質:8.1g糖質:36.8g
角砂糖:2.5個分角砂糖:12個分
※100gあたりの数値 ※角砂糖 1個あたり3g 

糖質・カロリー共に、低糖質米の方が低いことが分かります。

糖質量の差は、28.7gです。
糖質28.7gは、角砂糖9.5個分に相当します。

角砂糖9.5個分も、糖質に差があるんですね…!

1日1食を、低糖質米に置き換えると、どれぐらい変わるでしょうか?

答えは、1ヶ月間で、角砂糖285個分の糖質をカットすることができます。

たった1ヶ月で、この量の糖質をカットできたら…痩せる気がしませんか?

テツ
テツ

私は1ヶ月あたり、2〜3キロペースで体重が落ちました。

健康的にダイエットすることができました!

スポンサーリンク

低糖質米とその他の主食を比較

低糖質米オートミール玄米食パン
TRICE(トライス)オートミール玄米食パン
カロリー:100Kcalカロリー:111Kcalカロリー:165Kcalカロリー:264Kcal
糖質:8.1g糖質:14.0g糖質:34.2g糖質:44.4g
角砂糖:2.5個分角砂糖:4.5個分角砂糖:11.5個分角砂糖:14.5個分
※100gあたりの数値 ※角砂糖 1個あたり3g 

低糖質米は、オートミールや玄米といった、ダイエット向きの食品よりも、糖質量が少ないのです。

オートミールって、糖質が多いんですね!

すごく意外でビックリしました!

オートミールや玄米は、あくまでダイエット向きの食品です。

ダイエットのために作られた食品ではありません。

ですが、低糖質米はダイエットのために作られた商品です。

なので、糖質の量がズバ抜けて少ないのです。

他の食品と比較することで、低糖質米はダイエットするための食品、だとということが分かります。

テツ
テツ

「せっかくお金を出して買うなら、ダイエット向きの食品にしよう!」と思い、私は低糖質米を選びました。

低糖質米を食べて3ヶ月で7キロ痩せた方法

ここでは、私が3ヶ月間行った、低糖質米ダイエットの方法を紹介します 。

【1ヶ月目】1日2食を低糖質米に!
  • 朝食:低糖質米+タンパク質
  • 昼食:好きなものでOK
  • 夕食:低糖質米+タンパク質
【2〜3ヶ月目】1日2食を白米を混ぜて炊いた低糖質米に!
  • 朝食:白米を混ぜて炊いた低糖質米+タンパク質
  • 昼食:好きなものでOK
  • 夕食:白米を混ぜて炊いた低糖質米+タンパク質

3ヶ月の間、昼食は好きなものを食べて、朝と夜はタンパク質を摂るようにしました。

1日あたりの糖質量を、80〜120gに制限し、結果はマイナス7キロです。

1ヶ月目は、1日2食を低糖質米に置き換えました。
2〜3ヶ月目は、白米を混ぜて炊いた低糖質米に置き換えました。

テツ
テツ

すごくシンプルな方法で、結果が出ました。

2食で角砂糖19個分の糖質をオフ

低糖質米と白米の糖質の差

1日に、白米を2杯食べた場合の糖質量は、73.6gです。

これは、角砂糖24個分の、糖質量に相当します。

1日2杯食べていた白米を、低糖質米に置き換えると、どうなるでしょうか?

低糖質米2杯の糖質量は、16.2gです。
これは、角砂糖5個分の糖質量です。

  • 白米(2杯):角砂糖 24個分
  • 低糖質米(2杯):角砂糖 5個分
  • 24個 ー 5個 = 19個分の差

白米と比較すると、1日で角砂糖19個分の差があります。

1ヶ月間の差はこのようになります。

  • 19個×30日=570個

角砂糖 570個分も糖質をカットできたら、痩せられそうな気がしてきました!

糖質の代わりに体脂肪を消費する

白米を1日に2杯、食べていた時は、角砂糖 24個分をエネルギーとして、身体を動かしていました。

ところが、低糖質米は、角砂糖5個分です。
身体を動かすには、エネルギーが足りません。

すると、身体は糖質の代わりに、あるものをエネルギーに変えて消費します。

それは、身体についている脂肪です。

低糖質米と白米の体脂肪消費量の差

このグラフの通り、糖質を摂り過ぎると、1日の消費カロリーを、糖質だけで作り出すことができてしまいます。

身体を動かしても、体脂肪がほとんど消費されません。

せっかく運動しても、脂肪が減らないなんて…。

もったいないし、すごくショックです…。

ダイエットは、身体についている脂肪を減らすことが目的です。

ですが、私たちの身体は、食事で摂った糖質を、優先的に消費するようにできています。

そのため、多くの人が、体脂肪の消費を行えていません。

テツ
テツ

体脂肪を減らすには、食事内容がとても重要です。

ダイエットの結果は、食事で7割が決まります。

優先的に体脂肪を消費するための方法

体脂肪を減らす行動は、2つです。

体脂肪を消費する方法
  1. 糖質を制限する
  2. 長時間の運動

ストレスなく、継続しやすいのは、①糖質制限です。

運動は、脂肪が燃焼されるまでに時間がかかるため、実は非効率的です。

テツ
テツ

長時間の運動は、時間の確保が大変でした…。

仕事が忙しい・時間がない人は、糖質制限がおすすめです。

まとめ:低糖質米でダイエットは成功する

今回の記事のまとめです。

記事のまとめ
  • 低糖質米は、ダイエットのために作られた商品
  • オートミールや玄米よりも、糖質が低い
  • 1日2食で、角砂糖19個分の糖質をカットできる

低糖質米は、ダイエットのために作られた商品です。そのため、体脂肪を減らし、痩せることができます。

販売されている種類が多くて、どれがいいか分からない方は、下記の記事で解説していますのでご覧ください。
≫低糖質米おすすめランキング|3種類を比較【3ヶ月で7キロ減に成功】

私たちは毎日、多くの糖質を摂取しています。

そのため、身体についている脂肪ではなく、食事から摂取した糖質を、消費して生活しています。なので、激しいトレーニングをしても、痩せない・体型に変化が出ないのです。

糖質を正しく制限することで、体脂肪を身体から、減らすことができます。

トレーニングをしなくても、通勤・通学などの、日常動作で体脂肪が消費されます。

早く・確実に身体を変えたい方は、低糖質米を生活に取り入れてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
脂肪を減らす
テツをフォローする
テツログ|ダイエット完全攻略