低糖質米おすすめランキング|3種類を比較【3ヶ月で7キロ減に成功】

スポンサーリンク

低糖質米は、普通のお米よりも、30〜80%糖質が少ないものです。

食べながら糖質をオフできるので、続けやすいダイエットの1つです。

低糖質米で、痩せることは可能です。

私は、低糖質米を食べて、3ヶ月で-7キロのダイエットに成功しました。

糖質を正しく制限することで、ダイエットの成功率は、グッとあがります。

低糖質米はたくさん種類があって、どれが効果的か分からない…。

そこで今回は、ダイエットで結果が出る、おすすめの低糖質米を3つ紹介します。

私がおすすめする商品の一覧は下記です。

TRICE(トライス)こんにゃく一膳マンナンヒカリ
TRICE(トライス)こんにゃく一膳マンナンヒカリ

各商品を比較し、メリット・デメリットを解説します。

※3ヶ月で結果を出す方法

ちなみに私は、TRICE(トライス)という低糖質米を選び、ダイエットに成功しました。
選ぶ理由は、糖質オフ率が79.9%だからです。
公式サイトから購入すると、最安値で特典付きです。
早く結果を出したい方は、トライスを始めてもいいと思います。
≫TRICE(トライス)公式サイト【特典付き】】

 記事の内容
  • 正しい低糖質米の選び方
  • 商品によって、どんな差があるのか
  • 低糖質米にかかる金額
  • 各商品のメリット・デメリット

低糖質米を選ぶうえで、知っておくべき項目を、表でまとめています。

低糖質米でダイエットがしたい、低糖質米選びに失敗したくない方は、参考にしてください。

 本記事の信頼性

それでは、おすすめ第1位から紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ第1位:TRICE(トライス)

TRICE(トライス)
金額お試し:1,980円
種類お試し(5袋):1,980円
1ヶ月分(25袋):9,750円
糖質オフ率77.9%
糖質量8.1g
角砂糖2.5個分
※100gあたりの数値 ※角砂糖 1個あたり3g

おすすめ第1位は、TRICE(トライス)です。
私が、3ヶ月間食べた低糖質米は、トライスです。

低糖質米のなかで、最もトライスをおすすめする理由は、3つあります。

おすすめする3つの理由

おすすめの理由
  • 糖質オフ率が、ダントツで高い
  • 白米に混ぜずに、トライスだけで食べられる
  • 専用の具材が販売されていて、調理がラク

基本的に、低糖質米は、白米と混ぜて炊くタイプが主流です。

ですが、トライスは白米に混ぜなくても、そのまま食べることができます。

これが、糖質が圧倒的に少ない理由です。

一般的な、低糖質米の糖質量は、25〜40gあります。

それに対し、トライスは糖質8.1gと、圧倒的に糖質量が少ないのです。

低糖質米の、さらに半分以下の糖質…!すごいですね!

初お試し購入は専用具材が無料でもらえる

TRICE(トライス)専用のシーズニング
トライスは、初回の購入特典が豪華です。
なかでも、専用具材(シーズニング)がとても優秀です。

低糖質米は、パラっとした食感のため、調理や味付けごはんにして、食べることがおすすめされています。

トライスも例外ではなく、白米と比べるとパサつくため、チャーハンやリゾットにすると美味しく食べられます。

毎回、調理したり、炊き込みごはんにする時間がない…。

どうやって調理すればいいか分からない、作るのが面倒…こんな悩みはシーズニングが解決します!

シーズニングは、混ぜて炊くだけです。たったこれだけです。

これなら、時間がなくても作れそう!

あいいという間に、ドライカレーや炊き込みごはんが作れます!

トライスは、初めて低糖質米を購入する人に、優しいセット内容です。

テツ
テツ

私は料理が苦手&面倒くさがりなので、とても助かりました。

トライスのデメリット

私がトライスを3ヶ月続けて、デメリットに感じたことは1つです。

トライスのデメリット
  • 金額が高い

他の低糖質米よりも、金額が高いのです。

お試しは、1,980円と気軽に購入できる金額ですが、1ヶ月分(25袋)は、9,750円です。

比較の章で、詳しく紹介していますが、低糖質米のなかでは高い金額です。

テツ
テツ
糖質オフ率を重視するか、価格を重視するか…。
自分のなかで、何が一番重要なのか、考えておきましょう。

おすすめ第2位:こんにゃく一膳

こんにゃく一膳
金額お試し:1,000円
種類お試し(5袋):1,000円
30袋セット:4,850円
糖質オフ率50%
糖質量18.4g
角砂糖6個分
※100gあたりの数値 ※角砂糖 1個あたり3g 

おすすめ第2位は、こんにゃく一膳です。

白米と混ぜて炊くタイプの、低糖質米です。

お試しセットが1,000円と安く、私も一度購入したことがある商品です。

こんにゃく一膳をおすすめする理由は、2つあります。

おすすめする2つの理由

おすすめの理由
  • 混ぜるタイプのなかでは、糖質オフ率が高い
  • 金額が安い

白米に混ぜるタイプの、糖質オフ率は、30〜40%が相場です。

ですが、こんにゃく一膳は50%と、糖質オフ率が高いのです。

糖質量は、100gあたり18.4gと、トライスほど少なくありませんが、一般的な低糖質米よりも少ない糖質量です。

こんにゃく一膳は金額が安い

こんにゃく一膳の金額

一膳あたり46円と、低価格で食べることができます。

白米0.5合と、こんにゃく一膳を2袋(120g)で、炊き上がりは3合(お茶碗6杯)になります。

トライスの場合は、1袋(150g)でお茶碗3杯分ですので、こんにゃく一膳がコスパがいいことが分かります。

こんにゃく一膳のコスパ

このように、炊き上がりの量に、かなり差があります。

糖質オフ率よりも、価格・コスパ重視の方は、こんにゃく一膳がおすすめです。

※1,000円で始める低糖質米生活

こんにゃく一膳は、5袋で1,000円のお試しセットがあります。5袋で、お茶碗17杯分です。
1,000円で、約半月のあいだ、低糖質米生活を送ることができます。
低糖質米とはどんなものか、お金をかけずに知りたい方におすすめです。
≫こんにゃく一膳お試し5袋セット 1,000円 送料無料

こんにゃく一膳のデメリット

こんにゃく一膳を食べて、感じたデメリットは1つです。

こんにゃく一膳のデメリット
  • 少し、こんにゃくの風味が残る

リゾットや、チャーハンにすると、匂いや食感は気になりませんでした。

白米の代わりとして食べることはできますが、こんにゃくのに風味と、プチっとした独特の食感があります。

テツ
テツ

白米の割合を増やして、風味を消すことは可能でした!

ですが、糖質の量が増えてしまうため、注意が必要です。

スポンサーリンク

おすすめ第3位:マンナンヒカリ

マンナンヒカリ
金額定番サイズ:1,100円
種類定番サイズ(7袋):1,100円
大容量サイズ:約2,343円 ※最安値
糖質オフ率33%
糖質量24.4g
角砂糖8個分
※100gあたりの数値 ※角砂糖 1個あたり3g 

おすすめ第3位は、マンナンヒカリです。

白米と混ぜて炊くタイプで、糖質オフ率は33%です。

マンナンヒカリをおすすめする理由は、2つあります。

おすすめする2つの理由

おすすめの理由
  • ドラッグストアやスーパーで買える
  • 大容量サイズで買うと、コスパがいい

マンナンヒカリは、ドラッグストアやスーパーで、販売されています。

もちろん、Amazonや楽天市場などの、通販サイトでも取り扱われています。

そのため、気軽に購入することができます。

商品の公式サイト経由で購入するよりも、手間が少ないですね!

スピーディーに開始できることは、ダイエットにおいて重要です。

大容量サイズで買うと安い

マンナンヒカリは、大容量サイズの価格が、他の低糖質米よりも安いです。

75g×7袋の通常サイズは、こんにゃく一膳と比べて、金額に差はありません。

ですが、1.5kgサイズの場合、約2,500円の差があります。

  • こんにゃく一膳(60g×30袋):4,850円
  • マンナンヒカリ(1.5kg):2,343円 ※最安値

かなりコスパが良いので、長期間のダイエットを考えている方には、優しい低糖質米です。

マンナンヒカリのデメリット

マンナンヒカリのデメリットは、1つです。

マンナンヒカリのデメリット
  • 糖質オフ率が33%と低い

この後で詳しく紹介しますが、糖質オフ率は、ダイエットの明暗を分ける、重要な要素です。

価格が安いからといって、糖質オフ率が低い商品を選べば、痩せるまでに時間がかかります。

確かにそうですね…。

糖質オフ率が低いと、低糖質米を買う意味がなくなってしまう…。

低糖質米を選ぶ際は、糖質オフ率・価格・手軽さのバランスを、考えてみましょう。

次の章で、低糖質米を比較し、選ぶポイントを解説します。

低糖質米を比較

TRICE(トライス)こんにゃく一膳マンナンヒカリ
TRICE(トライス)こんにゃく一膳マンナンヒカリ
お試し:1,980円お試し:1,000円定番サイズ:1,100円
大容量:9,750円大容量:4,850円大容量:2,343円
糖質77.9%OFF糖質50%OFF糖質33%OFF
糖質:8.1g糖質:18.4g糖質:24.4g
トライスのみでもOK白米と混ぜる白米と混ぜる

実際に食べ、比較することで分かったポイント5つを、下記にまとめています。

比較表から分かる5つのポイント
  • 糖質オフ率は、トライスが最も高い
  • コスパがいいのは、マンナンヒカリ
  • 糖質オフ率と、金額のバランスがいいのは、こんにゃく一膳
  • トライス以外は、白米と混ぜるタイプ
  • 食感は、共通してパラっとしており、大差はなかった。

この比較結果から、低糖質米を選ぶポイントを解説します。

低糖質米を選ぶポイント

低糖質米を選ぶ際に、チェックするポイントは3つあります。

ポイント
  • 糖質オフ率
  • 食べやすさ(手軽さ)
  • かかる金額

この3つについて解説します。

ポイント① 糖質オフ率

低糖質米を選ぶポイントで、最も重要視したいのは、糖質オフ率です。

低糖質米に限らず、ダイエット食品を選ぶ際に、やりがちな失敗は、おいしさ・味にこだわり過ぎることです。

商品を調べていくと、糖質を抑えるという、本来の目的を忘れてしまいがちです。

低糖質米を食べる目的は、1日の糖質量を減らすことです。

ですので、選ぶ際は、糖質オフ率を最優先にしましょう。

糖質79.9%オフと33%オフの違い

TRICE(トライス)とマンナンヒカリの糖質量の比較

トライスとマンナンヒカリを、1ヶ月間食べた時の、糖質の差です。

角砂糖 163個分の差があります。

同じ低糖質米でも、1ヶ月間でこれだけの差ができます。

この差が、ダイエットで結果が出る早さに影響します。

角砂糖163個の差は大きいですね…。

早く身体を変えたい・痩せたいと考えている方は、糖質オフ率が高い商品を選ぶべきです。

ポイント② 食べやすさ(手軽さ)

”食べやすさ”とは何でしょうか?

個人的には下記の2つが、食べやすさだと思っています。

  • 美味しい
  • 作る手間がかからない

美味しい(味つけ・食感)に関しては、正直なところ、どの低糖質米も同じぐらいです。

ズバ抜けて、美味しい・不味い商品は、今のところありません。

作る手間は、商品によって違います。
一番ラクだと感じたのは、レンチンできる、パックごはんです。

テツ
テツ

コスパは良くないですが、すごくラクでした。

手間のイメージは下記です。

  • :パックごはん
  • :トライス(単体で食べられる)
  • :白米と混ぜて炊くタイプ

白米と混ぜて炊くタイプは、米の計量と洗いが必要なので、手間は少し増えます。

パックごはんは、レンジでチンするだけです。
そして、1食分ずつなので、常にできたてのアツアツで、食べることができます。

ですが、炊き込みご飯などの、アレンジには不向きというデメリットがあります。

これらを考えると、トライスはバランスがいいと感じます。

テツ
テツ

どのようにして、低糖質米を食べるか、イメージすると選びやすいですよ!

ポイント③ かかる金額

商品によって、かかる金額はバラバラです。

低糖質米は、糖質オフ率が高いほど、金額も高い傾向があります。

理由は、白米を再現しつつ、糖質をオフする製造技術に、コストがかかっているからです。

トライスと、マンナンヒカリの金額を比較すると、下記になります。

TRICE(トライス)とマンナンヒカリの金額比較

トライスは、糖質オフ率が最も高いので、当然金額も最も高くなります。

マンナンヒカリは、糖質オフ率が低いので、金額は安くなります。

要するに、短期間で結果を出す場合は、糖質オフ率が高いものを選ぶべきなので、必要な金額が多くなります。

金額を抑えると、糖質オフ率が下がるので、ダイエットにかかる期間は長くなります。

どちらが正解・不正解はありません。
自分の目標達成を、どちらの商品の方が助けてくれるのかを、考えて選びましょう。

テツ
テツ

私は、早く痩せたかったので、最終的にトライスを選びました。

我ながら、正しい判断ができたと思っています(笑)

まとめ:低糖質米は糖質オフ率が高いものがおすすめ

今回の記事のまとめです。

記事のまとめ
  • おすすめ第1位は、TRICE(トライス)
  • 選ぶポイントは、糖質オフ率が高いもの
  • 商品によって、1ヶ月あたり、角砂糖163個分の差がある
  • 食感は共通して、パラっとしている

今回は、おすすめの低糖質米を紹介し、メリット・デメリットを解説しました。

低糖質米で、ダイエットを成功させることはできますが、糖質オフ率の差で、結果が出るスピードが変わります。

紹介した3つの低糖質米は、糖質オフ率と、金額のバランスが取れている商品です。

確実に、ダイエットで結果を出したい方は、ぜひ今の生活に、低糖質米を取り入れてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめアイテム
テツをフォローする
テツログ|ダイエット完全攻略