太らない習慣

ナゲットとシャカチキどっちが太らない?【インストラクターが解説!】

 

マクドナルドには、チキン系のサイドメニューが2つあります。

ナゲットとシャカシャカチキンです。

 

ダイエット中は、どっちが太らないのかな…?

 

ダイエット中は、シャカシャカチキンを選ぶべきです。

 

同じチキン系のメニューでも、栄養バランスに違いがあります。

 

シャカシャカチキンは、ナゲットよりもダイエットに適した栄養バランスです。

 

ダイエットに、適した栄養バランスのものを選ぶことで、太りにくくなります。

 

身近な食品の栄養バランスを知ることは、ダイエットの成功において重要です。

 

管理人
栄養バランスを知ると、シャカチキを選ぶ理由が分かります!

 

今回は栄養バランスの基本である、PFCバランスを基準に、シャカシャカチキンを選ぶべき理由を解説します!

 

 記事の内容
  • シャカチキ、ナゲットの栄養バランス
  • シャカチキが太りにくい理由
  • 栄養バランスの考え方
 本記事の信頼性

 

マクドナルドは、全国店舗数が約2,900あます。

 

私たちの身近にあるため、利用する機会があると思います。

 

ダイエット中に、マクドナルドを利用しても、太らないメニュー選びができるようになりましょう!

画像引用元:マクドナルド公式サイト

 

ナゲットとシャカチキの栄養バランスを判断する基準

 

シャカシャカチキンが、ナゲットよりも、ダイエットに適している理由は2つあります。

ダイエットに適している理由

  • ナゲットよりも脂質が少ない
  • PFCバランスが理想に近い

ダイエットに適している食べものか、判断する基準は、PFCバランスです。

 

PFCバランスとは食品に含まれる、タンパク質・脂質・炭水化物の割合のことです。

 

PFCバランスには、ダイエットに適している理想の割合があります。

 

理想のPFCバランス
理想のPFCバランス
栄養素 割合(%)
タンパク質 13〜20%
脂質 20〜30%
炭水化物 50〜65%

 

無理なく健康的なダイエットを進めるためには、PFCバランスを意識した食事が必要です。

 

目標とする体型によって、PFCバランスは異なりますが、理想のPFCバランスは上記のグラフの通りです。

 

理想のPFCバランスは、炭水化物が最も多く、次いでタンパク質、脂質の順となります。

 

ダイエットに特化するなら、脂質の割合を減らし、タンパク質の割合を増やします。

 

ですので、今回の判断基準は2つです。

  • 理想のPFCバランスに近いのはどちらか
  • 脂質が少ないのはどちらか

この判断基準を元に、次はナゲットのPFCバランスを解説します。

PFCバランスはこちらで詳しく解説しています。

 

ナゲットのPFCバランス

ナゲットのPFCバランス 理想のPFCバランス
ナゲットのPFCバランス270Kcal 理想のPFCバランス
グラム(g) 割合(%) 割合(%)
タンパク質 15.8g 34% 13〜20%
脂質 17.2g 37% 20〜30%
炭水化物 13.1g 28% 50〜65%

 

ナゲットの脂質は、17.2g(37%)です。

 

3分の1以上が、脂質で構成されています。

 

ナゲットのPFCバランスは、脂質が1番多く、次いでタンパク質、炭水化物の順です。

 

理想のPFCバランスとは、配分が大きく異なります。

 

ちなみに、ナゲットの脂質量は、ポテトSサイズよりも、5.9gも多いです。

 

ナゲット ポテトS
ナゲットのPFCバランス ポテトのPFCバランス
栄養素 グラム・割合 グラム・割合
タンパク質 15.8g(34%) 2.9g(7%)
脂質 17.2g(37%) 11.3g(27%)
炭水化物 13.1g(28%) 28.0g(66%)

 

チキン=ヘルシーと思われがちですが、ナゲットは脂質量が多いのです。

 

これはかなり意外です…!

 

脂質についてはダイエットに脂質は必要?の記事で解説しています。

 

次は、シャカシャカチキンのPFCバランスを解説します。

 

シャカチキのPFCバランス

シャカチキのPFCバランス 理想のPFCバランス
シャカチキのPFCバランス243Kcal 理想のPFCバランス
グラム・割合 割合(%)
タンパク質 14.8g(33%) 13〜20%
脂質 12.8g(29%) 20〜30%
炭水化物 17.2g(38%) 50〜65%

 

シャカシャカチキンの脂質量は12.8g(29%)です。

 

PFCバランスは、炭水化物が1番多く、次いでタンパク質、脂質の順です。

 

ナゲットよりも、脂質の量が少なく、理想のPFCバランスに近いです。

 

さらに脂質よりも、タンパク質の割合が多いので、ダイエット向きと言えます。

 

たしかに、グラフの配分が似てますね。
でも、炭水化物がナゲットより4g多い…。

 

管理人
それぐらいの量は、気にしなくて大丈夫!
炭水化物は、身体にとって必要な量が多いからです。

 

ダイエット中は、炭水化物が多ことに不安を感じます。

 

ですが、炭水化物は消費される量が、1番多い栄養素です。

 

そのため、摂取しなければいけない量が、他の栄養素よりも多いのです。

 

炭水化物の働きはこちらで詳細を解説しています。

 

次は、ナゲットとシャカシャカチキンのグラフを比較しました。

 

ナゲットとシャカチキどっちが太らないか比較

理想のPFC ナゲット シャカチキ
理想のPFCバランス

ナゲットのPFCバランス

シャカチキのPFCバランス
割合 グラム・割合 グラム・割合
13〜20% 15.8g(34%) 14.8g(33%)
20〜30% 17.2g(37%) 12.8g(29%)
50〜65% 13.1g(28%) 17.2g(38%)

 

理想のPFCバランスに近く、脂質が低いのはシャカシャカチキンです。

 

カロリーはほぼ同じ!
ですが、脂質の量がかなり違いますね…。

 

管理人
カロリーだけでは、ダイエットに適しているか判断できませんね。

 

PFCバランスを理解すると、 低カロリー=ダイエット向き” とは、一概に言えないことが分かります。

 

ナゲットと、シャカシャカチキンのカロリー差は、27Kcalです。

 

脂質の差は、4.4gあります。

 

脂質4.4gって、どれぐらい…?多いのでしょうか?

 

管理人
人によって、脂質の必要量は変わります。
ですが、4.4gは決して少ない量ではありません。

 

例えば、1日の摂取カロリーを、1,500Kcalに制限している人が居たとします。

 

その人が、1日に摂取してもいい脂質量は下記です。

 

摂取カロリー:1日1,500Kcalの場合
栄養素 割合 摂取目安量
タンパク質 20% 75g
脂質 25% 42g
炭水化物 55% 206g

 

脂質の摂取目安は、約42gです。

 

タンパク質と炭水化物に比べて、脂質はかなり必要量が少ないことが分かります。

 

そのため、脂質はあっという間に、上限量を超えてしまいます。

 

脂質の摂り過ぎは、太る原因になります。

 

1日の脂質上限を超えないように、脂質が少ないシャカシャカチキンを選びましょう!

 

PFCバランスの計算方法はこちらで紹介しています。

 

まとめ:太らないのは脂質が少ないシャカチキ

 

今回の記事のまとめです。

 

記事のまとめ

  • 太りにくいのは、シャカチキ
  • 理想のPFCバランスに近いメニューを選ぶべき
  • 脂質が少ない方を選ぶ
  • 脂質は、1日の上限量が少ない

 

ダイエット中に選ぶなら、シャカシャカチキンです。

 

理由は、PFCバランスが理想に近い、脂質が少ないからです。

 

カロリーだけではなく、PFCバランスに注目して食品を選びましょう。

 

ダイエット中でも、ファーストフードを食べたくなる瞬間があります。

 

そんな時に、少しでも食品の栄養情報があれば、最悪の選択を避けることができます。

 

まずは、身近な食品のPFCバランスを調べてみましょう!

スポンサーリンク

-太らない習慣

© 2021 テツログ|ダイエット完全攻略 Powered by AFFINGER5