おすすめアイテム 太らない習慣 筋肉を増やす 脂肪を減らす

おすすめのカゼインプロテイン5選【これで間食ゼロ】

カゼインプロテインってダイエットに効果はあるのかな?飲んでいる人が少なくて不安です…。選び方のコツや、飲みやすいカゼインプロテインが知りたいです。

 

カゼインプロテインは、間食や、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

なので、カゼインプロテインは、ダイエットに効果的です。

 

ですが、カゼインプロテインは、ドロっとして、飲みにくいデメリットがあります。

 

飲みにくいカゼインプロテインは、継続できないので、選んではいけません。

 

今回は、飲みやすいカゼインプロテインと、選び方を紹介しています。

 

 本記事の信頼性

プロテイン歴は9年です。
お気に入りは、一杯飲んどコーラ風味コーンスープ味ココア味みかん風味火事場のクソ力風味です。

 

では、さっそく本編へいきましょう。

 

カゼインプロテインの特徴

プロテインとトレーニング器具を持つ女性

カゼインプロテインは、牛乳から作られています。

 

カゼインは、固まりやすく、水に溶けにくい性質があります。

 

なぜ、溶けにくいカゼインを、わざわざプロテインにするのですか?

 

カゼインは、水に溶けにくいことで、得られるメリットがあります。

 

それは、身体への吸収スピードが、ゆるやかであることです。

 

消化に時間がかかるので、カゼインは胃に滞在する時間が長いです。

 

つまり、カゼインプロテインは、満腹感を得やすく、腹持ちがいいのです。

 

消化・吸収がゆるやか

カゼインプロテインは、消化・吸収に、6〜8時間かかります。

 

対して、ホエイプロテインは、1〜2時間ほどです。

 

どちらのプロテインが腹持ちがいいか、はっきりとわかりますね。

 

ダイエットで体型を変えるには、食事の管理が重要です。

 

カゼインプロテインを飲むことで、余計な間食や、食べ過ぎを防げます。

 

今まで、食事の管理がうまくできず、ダイエットを諦めた人に、カゼインプロテインはおすすめできます。

 

カゼインプロテインの危険性

カゼインプロテインって、身体に悪いと聞いたことがあります。それって本当ですか?怖いなぁ…。

 

カゼインプロテインが、身体に悪いと証明されている論文は、現在ありません。

 

ですので、過剰に摂りすぎたりしなければ、問題ありません。

 

うーん…。論文がないとしても、少し不安です。私は、カゼインプロテインを飲んだことがないので…。

 

カゼインとは、牛乳の成分のことです。

牛乳を飲んだことがある人は、カゼインを摂ったことがあるのです。

 

カゼインは、牛乳の80%を占めている成分です。

カゼインプロテインが危険なら、牛乳も危険ということになります。

牛乳に含まれるカゼインの割合

日常的に飲む牛乳が危険なら、とっくに販売が禁止されています。

 

ですので、適正量のカゼインプロテインが、危険だとは考えられないのです。

 

カゼインプロテインを選ぶポイント

カゼインプロテインを選ぶポイントは3つです。

カゼインプロテインを選ぶポイント

  1. タンパク質の含有率
  2. 飲みやすさ
  3. 金額

3つの中で、もっとも優先するのは、タンパク質の含有率です。

 

なぜなら、プロテインを飲む目的は、タンパク質を摂ることだからです。

 

タンパク質は筋肉の材料です。

 

カゼインプロテインで、筋肉をキープしつつ、間食や食べ過ぎを防ぐことで、洋服がキレイに着られる体型に変わっていくのです。

 

タンパク質の含有率

カゼインプロテインは、タンパク質の含有率が高いものを選びましょう。

 

タンパク質の含有率は、プロテインのパッケージ裏面を見てチェックします。

 

タンパク質の量が多いプロテインを選べばいいですか?

 

注目すべきは、タンパク質の含有率です。

 

タンパク質の量が多いプロテインが、タンパク質の含有率が高いとは限りません。

 

例えば、この2つのプロテインなら、タンパク質の量が多いのは、Bのプロテインです。

タンパク質の含有率を示した図

ですが、タンパク質の含有率が高いのは、Aのプロテインです。

 

タンパク質の含有率が低いプロテインは、タンパク質以外の成分が、多いということです。

 

今回のランキングでは、タンパク質の含有率が高い、カゼインプロテインを紹介しています。

 

飲みやすさ

カゼインプロテインは、ホエイプロテインと比べて、飲みにくいです。

 

飲みにくいプロテインを選んでしまうと、続けて飲むのが、苦しくなります。

 

一般的に、飲みにくいとされているプロテインは、下記のような特徴があります。

飲みにくいプロテイン

  • 粉っぽい
  • ダマになりやすい
  • ドロっとしている

 

このような飲みにくいプロテインを避けて、飲みやすいプロテインを選びましょう。

 

カゼインプって、固まりやすい性質があるんですよね?飲みやすいプロテインなんてあるのですか?

 

最近のカゼインプロテインは、飲みやすく作られています。

 

また、カゼインプロテインに、ホエイプロテインが混ざっているタイプがあります。

 

このタイプは、カゼインのみのプロテインよりも、飲みやすいです。

 

ランキングでは、飲みやすいプロテインを紹介していますので、安心してくださいね。

 

金額

カゼインプロテインは、継続して飲まないと、体型が変わりません。

 

なので、継続できる金額のプロテインを選びましょう。

 

安いプロテインを選べばOKですか?

 

販売価格が安いプロテインを選んではいけません。

 

タンパク質の金額が安い、プロテインを選びましょう。

 

例えば、この2つのプロテイン、どちらがタンパク質の金額が安いでしょうか?

プロテインのコスパについて表した図

この場合、タンパク質が安いのは、Aのプロテインです。

 

Bのプロテインは、販売価格は安いのですが、タンパク質1グラムあたりの金額が高いのです。

プロテインのコスパについて表した図

プロテインを飲む目的は、タンパク質を摂ることです。

 

Aのプロテインは、タンパク質を安く摂れるので、コスパが良いのです。

 

ランキングでは、タンパク質の金額を計算し、コスパが良いプロテインを紹介しています。

 

カゼインプロテインおすすめ5選

1位 ULTORA(ウルトラ)
ULTORAのカゼインプロテイン
2位 バルクスポーツ
バルクスポーツのカゼインプロテイン
3位 「PPN」730'
「PPN」730'CASEIN PROTEIN
4位 ゴールドスタンダード
ゴールドスタンダードのカゼインプロテイン
5位 beLEGEND(ビーレジェンド)
ビーレジェンドのカゼインプロテイン

 

URTORA(ウルトラ)

ULTORAのカゼインプロテイン

タンパク質の量 21.7g
タンパク質の含有率 72.3%
飲みやすさ
タンパク質の金額 6.5円/g

【ULTORA(ウルトラ)】

メリット

  • デザート感覚で飲める
  • 人工甘味料などの、添加物を使用していない
  • タンパク質の含有率と、コスパのバランスが良い

ULTORAのカゼインプロテインには、ホエイプロテインも含まれています。

 

そのため、他のカゼインプロテインよりも飲みやすいです。

 

デザート感覚で飲むことができるので、間食がやめられない人におすすめです。

 

一般的に、飲みやすく調整されているプロテインは、コストがかかっていて、タンパク質1グラムあたり10円を超えることが多いのです。

 

ですが、ULTORAは、1グラムあたり6.5円とコスパが良いです。

 

ULTORAは、タンパク質の含有率、飲みやすさ、コスパのバランスが良いため、初めてプロテインに挑戦する人におすすめです。

 

【初速で3万個販売突破】ULTORA スロー ダイエット プロテイン

 

ULTORAの在庫状況

(2021.2.17更新)

ULTORAのカゼインプロテインは、人気につき、在庫が少なくなっています。

Amazonや楽天市場が品切れの場合は、公式サイトをチェックするといいですよ。

【ULTORA(ウルトラ)】

バルクスポーツ

バルクスポーツのカゼインプロテイン

タンパク質の量 22.7g
タンパク質の含有率 75.6%
飲みやすさ
タンパク質の金額 5.4円/g

メリット

  • タンパク質の金額が安い

デメリット

  • 味が甘め

バルクスポーツのカゼインプロテインは、コスパ良く、タンパク質を摂ることができます。

 

紹介する、5つのプロテインの中で、もっともコスパが良いです。

 

粉っぽさやダマやありませんが、味は少し甘めに感じます。

 

ULTORAと比べると、好みが分かれそうな味ですが、コスパを重視する人におすすめできます。

 

730ピークパフォーマンス

「PPN」730'CASEIN PROTEIN

タンパク質の量 24.7g
タンパク質の含有率 82.3%
飲みやすさ
タンパク質の金額 11.6円/g

メリット

  • タンパク質の含有率が高い

デメリット

  • コスパが良くない

PPNは、日本で最初にカゼイン主体のプロテインを商品化したメーカーです。

 

飲みやすく、タンパク質の含有率が高い、ハイクオリティなカゼインプロテインを開発しています。

 

コスパは良くなく、5つの中では、もっとも金額が高いプロテインです。

 

ですが、ホエイを含んでいない、カゼインプロテインの中では、抜群の飲みやすさです。

 

PNNは、カゼインプロテインにこだわる人に、おすすめです。

「PPN」730 カゼインプロテイン+マルチビタミン【1回30g摂取でマルチビタミン1食分】
created by Rinker

 

ゴールドスタンダード

ゴールドスタンダードのカゼインプロテイン

タンパク質の量 24.0g
タンパク質の含有率 70.5%
飲みやすさ
タンパク質の金額 5.7円/g

メリット

  • コスパが良い

デメリット

  • 味の好みが分かれる

ゴールドスタンダードは、海外のプロテインブランドです。

 

そのため、プロテインの味は、海外のお菓子のような風味があります。

 

粉っぽさやダマはありませんが、味の好みが分かれやすいです。

 

普段から、海外ブランドのプロテインを飲んでいる人におすすめです。

 

beLEGEND(ビーレジェンド)

ビーレジェンドのカゼインプロテイン

タンパク質の量 20.6g
タンパク質の含有率 73.5%
飲みやすさ [star3.5]
タンパク質の金額 6.9円/g

メリット

  • めずらしい味で、飽きない

デメリット

  • 少し粉っぽい

ビーレジェンドのプロテインは、飲みやすさに定評がありますが、カゼインプロテインは、少し粉っぽさがあります。

 

タンパク質の含有率や、コスパは悪くないので、残念です。

 

ですが、ビーレジェンドのカゼインプロテインは、いちごミルク風味と、ミルクティー風味と、変わったフレーバーが特徴です。

 

カゼインプロテインの味は、ココアやミルクが一般的です。

 

ビーレジェンドは、定番のカゼインプロテインに、飽きてしまった人におすすめです。

 

まとめ:デザート感覚で飲めるカゼインプロテインを選ぼう

キッチンでプロテインを作っている女性

カゼインプロテインは、満腹感があるので、間食や食べ過ぎを防ぐことができます。

 

余計な摂取カロリーをおさえることで、脂肪を減らすことができます。

 

あなたは、こんな経験がありませんか?

 

ジムで運動しても、家に帰ってたくさん食べてしまう…。

 

食事制限をしても、我慢できずにお菓子を食べてしまう…。

 

このような経験があるなら、カゼインプロテインを試してみましょう。

 

腹持ちの良さを実感して、間食が減ります。

 

紹介した5つから「これなら飲めそう」と思ったカゼインプロテインを選んでみてください。

 

飲み会代1〜2回ほどの金額で、カゼインプロテインは始められますよ。

スポンサーリンク

-おすすめアイテム, 太らない習慣, 筋肉を増やす, 脂肪を減らす

© 2021 テツログ|ダイエット完全攻略 Powered by AFFINGER5