太らない習慣

食べてすぐ寝ると太るは嘘?太りにくい食後の過ごし方

 

仕事が忙しく、夕食が遅くなってしまいます。
次の日も仕事なので、なるべく早く寝たいけど、食べてすぐに寝ると太るって聞いたことがある…。食べてすぐに寝ると太るのかな…?けど、食べずに我慢して寝るのはツライ…。

 

このようなお悩みについて解説します。

 

 記事の内容

  • 食べてすぐ寝ると太るのか
  • すぐに寝ると太りやすい時間帯
  • 太りにくい食後の過ごし方

 

 本記事の信頼性

 

 

「食べてすぐに寝ると牛になる」 という言葉があります。

 

この言葉は半分正解です。寝る時間帯や食後の対処法を間違ってしまうと、太る可能性が高くなります。

 

逆を言うと、夕食が遅くなりすぐに寝てしまっても、正しい対処法を知っていれば太りません。

 

では、さっそく解説していきますね。

 

スポンサーリンク

食べてすぐに寝ると太るは嘘

眠る女性

 

食べてすぐに寝ても太りません。

 

理由は、食べたものが脂肪として身体につくまで、二週間かかるからです。

食べたものが脂肪に変わる時間

  • 食べものが脂肪に変わるまで48時間
  • 脂肪が身体に付くまで二週間

食べてすぐ寝ても、たった1日で身体に脂肪がつくことはありません。

 

そう言われても不安だな…。ほんとうに48時間もかかるんですか?

 

では、食べたものが脂肪に変わるまでの過程を見てみましょう。

 

食べたものが消化される過程

 

まずは、食べ物が消化される過程から。

食べものが消化される流れ

  1. 胃で食べものを分解
  2. 十二指腸で栄養を分解
  3. 小腸で栄養を吸収
  4. 毛細血管から全身へ栄養が運ばれる
  5. 小腸で吸収されなかった水分・ミネラルを大腸が吸収
  6. 消化されなかったものが便で排出

 

消化だけで、こんなにたくさんの過程があります。

 

身体に脂肪がつくタイミングは、4番目の「毛細血管から全身へ栄養が運ばれる時」です。

 

では次に「脂肪が身体につく流れ」を見てみましょう。

 

脂肪が身体につく流れ

 

脂肪が身体につく流れ

  1. 小腸で糖質が吸収される
  2. 肝臓へ運ばれ、糖質をブドウ糖に分解
  3. 血液中乗って、全身へ運ばれる
  4. 脳や筋肉を動かすエネルギーとして使われる
  5. 使われなかった分が余る
  6. 肝臓に戻る
  7. 肝臓はブドウ糖を蓄えられる量が少ない
  8. 肝臓から溢れる
  9. 身体に保存するために、ブドウ糖は脂肪に変わる
  10. 脂肪は脂肪細胞へと保存される
  11. 脂肪細胞が大きくなり太る

 

読むのが嫌になったでしょう?食べもたのが脂肪に変わるまで、こんなにも長い過程があります。

 

なので「食べてすぐに寝たら、脂肪が増えた」ということは、あり得ないことが分かりますね。

 

では夕食後、すぐに寝てもいいんですか?

 

ここで1つ注意するポイントがあります。食事直後に寝てしまうと、身体に負担がかかるデメリットがあります。

 

食べてすぐに寝るデメリット

 

食べてすぐに寝るデメリットは2つあります。

デメリット

  • 逆流食堂炎のリスク
  • 睡眠の質が下がる

食べた直後に寝ると、胸焼けしたり、次の日に身体がダルかったことはありませんか?

 

このように、食事直後(食後30〜60分以内)に寝てしまうと、身体に負担がかかります。

 

逆流性食道炎のリスク

 

逆流性食道炎は、胸焼けや喉がイガイガ痛むような症状が出ます。

 

逆流性食道炎が起こる原因は、消化不良です。

 

消化不良を起こし、胃に食べものが残り、胃酸が食道まで上がってきます。

 

なぜ寝ると消化不良が起こるのですか?

 

消化不良の原因は、胃袋の形にあります。

 

胃は上下に管のついた、袋のような形をしています。

 

 

立っている、もしくは座っている状態だと、胃から十二指腸に正しく食べたものが送られます。

 

しかし横になると、胃に食べたものが残り、十二指腸に食べ物が送られません。さらに、残るだけではなく、食道に食べものが逆流してくるのです。

 

この食べものは、胃液と混ざっている状態です。

 

胃液には胃酸という、強い酸性の消化液が含まれています。

 

胃酸が食道に逆流することで、食道が炎症し、胸焼けや、喉の痛みが起こります。

 

そのため、食べてすぐに横になることは良くありません。

 

睡眠の質が下がる

 

寝る直前の食事は、睡眠の質を下げる原因です。

 

先ほど説明したように、身体が食べたものを消化するまで、たくさんの過程がありました。

 

食事の直後は、身体のあらゆる臓器がフル稼働しています。

 

それは睡眠中も変わりません。眠っているのに、臓器はフル稼働中。なので、寝ているのに身体を休められていないのです。

 

寝る直前の食事はよくないんですね。他にも気を付けることはありますか?

 

最後に1つだけ気を付けたいポイントがあります。それは夕食の時間帯です。

 

人間は太りやすい時間帯が決まっています。

食べ物が脂肪に変わるまでの期間|早めの対処で太らない習慣を

続きを見る

 

スポンサーリンク

食べてすぐに寝ると太る時間帯

 

夕食で太りやすい時間帯は、22時〜深夜2時です。

 

この時間帯は、人間がもっとも脂肪を蓄えやすい時間帯なのです。

 

太りやすい時間帯が決まっている理由は、ビーマルワンによる働きです。

 

ビーマルワンとは、人間の身体にあるタンパク質で、体内時計を調整する働きがあります。詳細は別の記事にて解説しています。

ビーマルワンとは|ダイエットは食べる時間帯が重要!夜は昼の20倍太る?

続きを見る

 

ビーマルワンの分泌が高まると、脂肪を蓄積しやすくなります。

 

ビーマルワンの分泌は、22時頃から高まりピークは深夜2時です。

 

なので、22時〜深夜2時が、もっとも身体に脂肪がつきやすい時間帯なのです。

 

遅い時間に食べると良くないのはわかりましたが、仕事でどうしても22時を過ぎることがあります…。なにか対処法はありますか?

 

22時を過ぎてしまっても、食事の内容や、食後の過ごし方次第で太りにくくすることができます。

 

太りにくい食後の正しい過ごし方

ダイエットに成功した女性

 

食べてすぐ寝ても太りませんが、食べものがエネルギーとして使われない日々が続くと太ります。ですので、積極的に身体を動かしましょう。

 

理想は、食べたものが脂肪に変わるまでのタイムリミットである、48時間以内に運動をすることです。

 

48時間以内に運動するメリットは、大きく2つあります。

食後48時間以内に運動するメリット

  • 血糖値を下げる
  • 食べものが脂肪に変わる量を減らす

血糖値を下げることで、糖質の吸収を抑え、太りにくくなります。

 

そして、食べものが脂肪に変わる量が減ることで、身体につく脂肪の量も減ります。

 

48時間以内に運動するにあたり、知っておきたいポイントは2つです。

ポイント

  • 食事直後は運動しない
  • 消費カロリーを増やす意識

食事の直後に行う運動は控えましょう。理由を解説しますね。

 

食事の直後は運動を控える

 

食後の運動は、太りにくい身体をつくるために有効です。

 

ですが、食事の直後は避けましょう。

 

食事直後は食べ物を消化するために胃が活発に動いています。そのため、血液が胃に集まっています。

 

そのタイミングで運動を行うと、血液が全身に分散され、消化が十分に行われません。

 

どれぐらい時間がたてば、運動しても大丈夫ですか?

 

消化にかかる時間は、個人差はありますが、30〜60分が目安です。

 

食後の運動は、その日の体調に合わせながら行いましょう。

 

食べたら消費カロリーを増やす意識を持つ

 

運動する時間がない場合は、どうしたらいいですか?

 

筋トレや、有酸素運動を行うとベストですが、時間が取れない場合があります。

 

ですが「トレーニング」にこだわる必要はありません。

 

少しでも消費カロリーを増やす意識があればOKです。

 

例えば、日常生活でアクティブな活動をするようにしましょう。

  • 座る時間を短くする
  • 家事や掃除をする
  • 階段を使う

小さなことでいいんです。少しでも消費カロリーを増やすことが、身体に脂肪をつけないもっとも有効な習慣です。

 

スポンサーリンク

夕食が遅くなる場合の対処法

 

残業で帰宅時間が遅くなり、夕食が22時を過ぎる場合があると思います。

 

22時以降の食事はなるべく控えたいところですが、食べないわけにはいきません。

 

やむおえず、22時以降に夕食を食べるときに、気を付けるポイントは2つです。

夕食が遅くなる場合の対処法

  • 糖質を控える
  • 消化がいいものを選ぶ

この2つについて、解説しますね。

 

糖質を控える

 

先ほども言ったとおり、22時からビーマルワンの働きが活発になり、身体に脂肪をたくわえやすくなります。

 

糖質は体脂肪のもとです。

ビーマルワンが活発な状態で、糖質を摂ると、どんどん身体に脂肪をたくわえようとします。

 

ですので、糖質は控えて、タンパク質中心の食事を心がけましょう。

 

ヘルシーなものを選べばいいとは分かってるけど、サラダだけじゃ物足りないし…。仕事で疲れた日はしっかり食べくなります…。

 

22時以降、しっかり目に夕食を食べたい場合は、食後の血糖値を下げるサプリメントを利用しましょう。

 

食物繊維(難消化性デキストリン)が含まれるサプリメントは、糖質や脂肪の吸収を抑える効果があります。

 

おすすめは、大手フィットネスクラブでも取り扱われている「賢者の食卓」です。

無味無臭のパウダータイプなので、水やお茶に溶かしても違和感なく飲めます。

 

大塚製薬から販売されている、特定保健用食品ですので、安心して飲むことができます。

 

消化がいい食べものを選ぶ

 

消化がいい食べものを選ぶことで、胃や内臓の負担を減らすことができます。

 

睡眠の質を高めることができ、翌日に身体の疲れを持ち越しにくくなります。

消化がいい食べものト

  • おかゆ
  • うどん
  • 鶏のささみ(脂肪が少ない肉)

一方で、消化が悪い食べものは、寝ているあいだも胃や内臓をフル稼働させてしまいます。

 

そうすると、翌日に疲労感が残る原因となります。

 

一般的に、消化が悪い食べものとは、脂質が多い食べものです。

消化が悪い食べもの

  • バラ肉・ロース
  • 青魚・うなぎ・まぐろ
  • ラーメン
  • パスタ
  • 天ぷらなど揚げもの

夕食が遅くなった場合は、消化の悪いも、糖質・脂質が多い食べものを控えましょう。

 

糖質・脂質を抑えて消化がいい食べもの…。かなりレパートリーが限られて、飽きてしまいそうです。毎回、買いに行くのもめんどうだなぁ…。

 

夕食が遅くなることが多い場合は、低糖質食品のネット販売をおすすめします。

 

最近では、低糖質食品だけを販売している通販サイトがあります。

 

毎回コンビニやスーパーに立ち寄る手間はもちろん、売っている商品すべて低糖質なので、選ぶ手間も省けてかなりおすすめです。

 

私がおすすめするサイトをいくつか紹介しておきますね。

 

パンや麺類が充実している

スイーツ類の充実度ナンバーワン

時間がなくて自炊ができない、コンビニ商品に飽きてしまった方におすすめですよ。

 

まとめ:食べてすぐ寝ても太らない

今回の記事のまとめです。

この記事のまとめ

  1. 食べてすぐに寝ても太らない
  2. 太りやすい時間帯は22時〜深夜2時
  3. すぐに横になると、逆流性食道炎のリスクあり
  4. 食後の過ごし方次第で太りにくくなる

今回は、食べてすぐ寝ると太るについて解説しました。

 

食べてすぐに寝ても、次の日に体脂肪になるわけではありません。

 

食べたあと、48時間の過ごし方次第が重要です。

 

とくに、夕食が22時を過ぎる場合の対処法を実践することで、太りにくくなります。

 

仕事柄、夕食が遅くなる方は、紹介した方法を試してみてください。

スポンサーリンク

-太らない習慣

© 2021 テツログ|ダイエット完全攻略 Powered by AFFINGER5