太らない習慣

シャカチキのカロリー|ダイエット中に食べてもOK?実はナゲットより太らない?

 

マクドナルドには、シャカチキとナゲット、チキン系のサイドメニューが2つあります。

 

商品名 シャカチキ ナゲット
カロリー 243Kcal 270Kcal
タンパク質 14.8グラム 15.8グラム
脂質 12.8グラム 17.2グラム
炭水化物 17.2グラム 13.1グラム

 

どっちが太らないのかな…?ダイエット中だけど、マクドナルドを食べたい…。なるべく太りにくいメニューが知りたいです。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

 記事の内容

  • シャカチキとナゲットの比較
  • ダイエット中におすすめのメニュー
  • カロリー気にせずに食べる方法

 

 本記事の信頼性

 

ダイエット中は、シャカシャカチキンを選ぶべきです。

 

同じチキン系のメニューでも、栄養バランスに違いがあります。

 

シャカシャカチキンは、ナゲットよりもダイエットに適した栄養バランスです。

 

管理人
栄養バランスを知ると、シャカチキを選ぶべき理由が分かりますよ。

 

ダイエット中に、マクドナルドを利用しても、太らないメニュー選びができるようになります。

 

では、さっそく解説しますね。

画像引用元:マクドナルド公式サイト

スポンサーリンク

シャカチキのカロリーと栄養成分一覧

シャカチキのカロリーと栄養バランス

 

シャカチキ
カロリー 243Kcal
タンパク質 14.8グラム
脂質 12.8グラム
炭水化物 17.2グラム

 

シャカチキのカロリーは243Kcalです。

 

栄養成分の内訳は、画像のグラフのとおり、すべての栄養素の割合が30%前後です。

 

理想の栄養素の割合ってどれぐらいなんだろう…?

 

理想の栄養成分バランス(以下PFCバランス)は下記のグラフのとおりです。

理想のPFCバランス

理想のPFCバランス

 

比較すると、シャカチキは理想のPFCバランスよりも、タンパク質と脂質が多く、炭水化物が少ないことがわかります。

 

ナゲットのカロリーと栄養成分一覧

ナゲットのカロリーと栄養成分一覧

 

ナゲット
カロリー 270Kcal
タンパク質 15.8グラム
脂質 17.2グラム
炭水化物 13.1グラム

 

ナゲットのカロリーは270Kcalです。

 

栄養成分の内訳は、画像のグラフのとおり、炭水化物が少なく、脂質・タンパク質が多いです。

 

中でも、脂質の多さが目立ち、全体の3分の1が脂質で構成されています。

 

脂質17.2グラムってそんなに多いんですか?

 

ナゲットに含まれる脂質は、ポテトのSサイズよりも多いのです。

ポテトの栄養成分一覧

 

ポテトSサイズの脂質は11.3グラムです。

 

チキン類=ヘルシーなイメージがありますが、実はそうでもありません。

 

ナゲットは、シャカチキと比べて脂質が多いため、ダイエット中は控えたいメニューと言えます。

 

スポンサーリンク

シャカチキとナゲットを比較

比較

 

シャカチキとナゲットのカロリーと、栄養成分を比較してみましょう。

 

カロリー 243Kcal 270Kcal
タンパク質 14.8グラム 15.8グラム
脂質 12.8グラム 17.2グラム
炭水化物 17.2グラム 13.1グラム

 

理想のPFCバランスに近く、脂質が低いのはシャカシャカチキンです。

 

カロリーはほぼ同じですが、脂質の量がかなり違います。

 

カロリーだけでは、脂質や炭水化物の内訳がわからないので、ダイエットに適しているか判断できませんね。

 

PFCバランスを理解すると、 低カロリー=ダイエット向き” とは、一概に言えないことが分かります。

 

シャカチキとナゲットのカロリー差は、わずか27Kcalです。脂質の差は、4.4gあります。

 

脂質4.4グラムの差って多いのでしょうか?

 

管理人
人によって、脂質の必要量は変わります。ですが、4.4グラムは決して少ない量ではありません。

 

1日に必要な脂質の量

 

例えば、1日の摂取カロリーを、1,500Kcalに制限している人が居たとします。

 

その人が、1日に摂取してもいい脂質の量は下記です。

 

摂取カロリー:1日1,500Kcalの場合
タンパク質 75グラム
脂質 42グラム
炭水化物 206グラム

 

1日の脂質摂取の目安は、約42グラムです。

 

タンパク質と炭水化物に比べて、脂質はかなり必要量が少ないことが分かります。

 

そのため、脂質はあっという間に、上限量を超え、太る原因になります

 

1日の脂質上限を超えないように、ダイエット中は低カロリーかつ、脂質が少ない食べものを選びましょう。

 

ダイエット中におすすめの低カロリーなメニュー

 

マクドナルドで、ダイエット中におすすめのメニューを紹介します。

 

選んだポイントは、低カロリーかつ脂質が少ないく、タンパク質が摂れるメニューです。

 

ハンバーガー

 

順位 商品名 カロリー(Kcal) 脂質(グラム)
1 ハンバーガー 256 9.4
2 チーズバーガー 307 13.4
3 フィレオフィッシュ 323 13.9
4 チキンクリスプ 345 15.5
5 エッグチーズバーガー 387 18.9
6 えびフィレオ 395 17.4
7 ベーコンレタスバーガー 374 20.8
8 スパチキ 389 20.2
9 チキンフィレオ 465 21.9
10 チキンチーズバーガー 431 23.0

 

サイドメニュー

 

順位 商品名 カロリー(Kcal) 脂質(グラム)
1 サイドサラダ 10 0.1
2 シャカシャカチキン 243 12.8
3 ナゲット5P 270 17.2
4 ホットアップルパイ 211 10.7
5 ポテト(S) 225 11.3

 

もっとも低カロリーなメニューの組み合わせ

 

マクドナルドで、もっとも低カロリーな、バーガー・サイドメニュー・ドリンクの組み合わせは下記です。

最も低カロリーなマクドナルドのメニュー

  • ハンバーガー
  • サイドサラダ
  • アイスコーヒー(ブラック)

 

全部食べても272Kcal。脂質も9.5グラムしかないので、ダイエット中におすすめのメニューです。

 

スポンサーリンク

マクドナルドでカロリーを気にせず食べる方法

 

低カロリーなメニューを組み合わせれば太らないとわかっていても、たまにはガッツリ食べたい…。ダイエット中でも、カロリーを気にせずに食べられる方法はありませんか?

 

どうしてもガッツリ食べたい日は、糖質カットのサプリメントを利用しましょう。

 

難消化性デキストリンが含まれているサプリメントは、糖質・脂質の吸収を抑えてくれます。

 

おすすめは、大手フィットネスクラブでも取り扱われている「賢者の食卓」です。

 

大塚製薬から販売されている、特定保健用食品ですので、品質も保証されていて安心です。

 

「ダイエット中にどうしても食べたくなった」「自炊をする時間がなくコンビニ飯が中心」このような方におすすめです。

 

食事前に、賢者の食卓をサッと水で飲むだけで、脂肪の付き方が変わります。

 

まとめ:シャカチキは脂質が少ないので太りにくい

今回の記事のまとめです。

この記事のまとめ

  1. カロリーだけでなく脂質量もチェックする
  2. 理想のPFCバランスに近いメニューを選ぶ
  3. メニューの組み合わせでカロリーを抑える
  4. ガッツリ食べたい日はサプリメントを活用する

ダイエット中は控えた方がよさそうなマクドナルドですが、メニューの組み合わせとサプリメントの活用次第では、そこまでダイエットに悪影響を与えません。

 

ポイントは、カロリーだけではなく、PFCバランスに注目して食品を選ぶことです。

 

少しでも食品の栄養の知識があれば、最悪の選択を避けることができます。

 

低カロリー・低脂質なメニューを知ったうえで「今日はガッツリ食べたいな」という日にサプリメントをうまく活用しましょう。

スポンサーリンク

-太らない習慣

© 2021 テツログ|ダイエット完全攻略 Powered by AFFINGER5