太らない習慣

理想のPFCバランスとは?栄養バランスを理解し正しくダイエット

[su_heading size="22" align="left" margin="30”]食品のPFCバランス計算方法[/su_heading]

PFCバランス計算方法
・PFCそれぞれの量(g)÷PFC合計量(g)

ここでは食パンと白米を例に計算します。

食パン1枚の質量は60gです。

[su_box title="食パンのPFC" box_color="#ffffff" title_color="#000000"]P(タンパク質)5.5g F(脂質)2.6g C(炭水化物)28.0g PFC合計:36.1g
※食パン自体の質量は60gとなっており水分やビタミン・ミネラルが含まれています。[/su_box]

<計算>
P:5.5g÷36.1g=15%

F:2.6g÷36.1g=7%

C:28.0g÷36.1=78%

上記のPFCバランスとなります。

[su_box title="白米のPFC" box_color="#ffffff" title_color="#000000"]P(タンパク質)4.0g F(脂質)0.5g C(炭水化物)59.0g  PFC合計:63.5g[/su_box]

 

<計算>

P:4.0g÷63.5g=6%

F:0.5g÷63.5g=1%

C:59.0g÷63.5=93%

上記のPFCバランスとなります。

PFCバランスを調べることで2つの食品に含まれる栄養素の違いや特徴が分かりました。

<食パンと白米の特徴>

・白米には脂質が殆ど含まれていない

・食パンには白米の約5倍の脂質が含まれている

・白米は食パンの約2倍の炭水化物が含まれている

PFCバランスを把握し特徴を理解していると1日の食事内容に合わせてどの食品を摂ればいいか分かります。

”朝・昼に炭水化物を摂りすぎたので夜は白米ではなく食パンを選ぶ”

”今日のおかずは脂質が多いため主食は脂質が少ない白米を選ぶ”

このように適切な判断ができる様になります。

世間のイメージではパンは米より太ると思われていますが、1日の食事内容によっては米の方が太る場合もあります。

[su_heading size="22" align="left" margin="30"]<さいごに>[/su_heading]

今回はPFCバランスについて解説しました。

ダイエットにおいて栄養バランスを整えることはとても重要です。

PFCそれぞれの栄養素の役割を理解していると栄養の偏りが身体に不調をもたらすことが分かります。

また食品の大体のPFCと特徴を知っておくことで、どちらの食品が適切か正しい選択をすることができます。

この記事で少しでも多くの方がPFCバランスについて知って頂き、栄養バランスを見直すキッカケになれば幸いです。

スポンサーリンク

-太らない習慣

© 2021 テツログ|ダイエット完全攻略 Powered by AFFINGER5