おすすめアイテム

浮き指を最短で改善するグッズ2選【1ヶ月間付けるだけでOK】

浮き指改善グッズは現在、多くの数が販売されています。

中には浮き指改善に適していない物もあり、選ぶのが難しいグッズです。

浮き指改善のグッズを選ぶポイントは3つです。

選ぶポイント

  • 使用に手間・不快感がないか
  • 日常生活で長時間使用できるか
  • 耐久性があるか

浮き指改善グッズは、毎日使うことが大前提です。

 

日常生活で長時間使うことで、浮き指改善が早くなります。

日常でたくさん使うには、手間がかからない・耐久性が重要になります。

 

このポイントをクリアしているツールが、足指パッドとインソールです。

 

どっちも使ったことがないです…。
私にも簡単に使えて、浮き指を改善できますか?

 

管理人
心配ありません。
足指パッドとインソールは手間なく、誰でも簡単に使えますよ。

 

今回は、機能性・耐久性に優れている、おすすめの足指パッドとインソールを紹介します。

金額や機能性を、表にまとめているので、他の製品と比較ができます。

 

 本記事の信頼性

スポンサーリンク

浮き指を改善する足指パッドは大山式

大山式足指パッド

私が、実際に使用して、最も効果を感じた足指パッドは大山式です。

大山式を選ぶメリットは3つです。

メリット

  • 親指とくすり指の2本につけるだけ
  • つけるだけでトレーニング不要
  • 素材がゲルで痛みや不快感がない

 

自宅でつけていても、違和感が少ないのが、大山式の足指パッドです。

さらに、特許構造で浮き指を矯正することに特化しています。

他の足指パッドと比較

足指パッド比較

形はどれも似ていますが、金額や素材に違いがあります。

足指パッドを選ぶポイントは2つです。

足指パッド選びのポイント

  • 構造が浮き指改善に適しているか
  • 手間・不快感がないか

 

この2つが、足指パッドを継続して使えるかの決め手です。

 

浮き指改善に適した構造か確認!

一番のポイントは「浮き指改善に特化している構造」であるかです。

大山式以外の足指パッドも形は似ているのですが、どれも足指の間を広げる構造です。

 

見た目だけでは分かりませんが、商品説明を読むと確かに…。
つけた時の快適さも選ぶポイントですね。

 

管理人
「足指の間を広げる」と「浮き指改善」は異なります。
足の指を広げるタイプは、長時間使うことが想定されていないので、つけ心地もイマイチなものが多いです。

 

足指の間を広げると、浮き指改善が改善する。これは、よくある勘違いです。

 

足の指を広げて得られる効果は、浮き指改善ではなく、血行促進です。

なので、足指の間を広げるだけでは、浮き指は改善しません。

 

つける手間が少なく不快感がない構造か確認!

大山式は、2本の指につける構造ですが、他の足指パッドは5本指につける構造です。

 

違和感・不快感は、圧倒的に大山式の方が少ないです。

 

特に、靴を履いた時にその差がよく分かります。

5本指タイプは足指パッドの面積が大きいので、つま先を圧迫し不快感が強いです。

 

大山式は2本指・薄手のゲル素材なので素足・靴を履いて、どちらでも使用することができます。

 

浮き指を改善するインソールはTENTIAL

TENTIAL浮き指改善インソール

浮き指を改善するインソールはTENTIALです。

TENTIALを選ぶメリットは3つです。

メリット

  • 衝撃吸収に優れた高機能素材
  • 耐久性が高い
  • 返金保証がある

TENTIALは、機能面で優れているだけではなく、返金保証制度があります。

 

30日間使って、自分に合わないと感じたら返金してもらえます。

 

返金保証制度はすごく助かります…!
しかも30日間って相当長いですよね…?

 

管理人
ビックリするくらい長期間ですよね。
「使い続ければ効果が出る」という自信があるのでしょう。

 

返金保証制度は、製品の質に自信があるから設けられる制度です。

絶対、30日以内に効果を実感してもらえる自信があるのでしょう。

 

他のインソールと比較

浮き指インソール比較

インソールも、金額はピンからキリまで、種類も豊富です。

形が同じなので、機能や素材の違いが分かり辛く、選ぶのが難しいです。

インソールを選ぶ時のポイントは3つです。

インソール選びのポイント

  • 構造か浮き指改善に適しているか
  • クッションの機能性・耐久性
  • グリップ力

この3つが揃ったインソールでなければ、浮き指は改善しません。

 

インソール選びに失敗しないように、各ポイントを理解しておきましょう。

 

構造か浮き指改善に適しているか確認!

インソールによっては、サイズを合わせる・衝撃吸収だけの物があります。

 

浮き指改善のインソールには、立法骨を支えるというワードが出てきます。

 

「着地から足を守るインソール」とだけ記載された商品は、浮き指改善に特化していないので、注意が必要です。

 

クッションの耐久性や機能性を確認!

インソールのクッション性

一般的なインソールは、可塑性樹脂(=プラスチック)が使われているものが多いです。

 

これは熱で素材を曲げて作られたインソールです。そのため、変形しやすく、耐久性がよくありません。

 

「耐久性が低いインソール=効果が無くなるスピードが早い」ということです。

 

TENTIALのインソールは、高機能素材のPORONが使用されており、耐久性に優れています。

 

毎日使うインソールは、耐久性が低ければ、すぐに効果が無くなります。

 

グリップ力がある素材か確認

一般的なインソールは、表面がニット素材でできています。

 

ニット素材はグリップ力がなく、靴の中で足が滑っている状態です。

 

すると、上手く足の指で地面を蹴ることができません。

 

ですが、TENTIALのインソールは、表面に人工レザーが使われています。

 

靴の中で滑ることがなく、しっかり足の指で地面を蹴って歩くことができます。

 

スポンサーリンク

足指パッドとインソールの違いは?

足指パッドとインソールは、どちらも必要なのでしょうか?

結論を言うと、浮き指を最短で改善するなら、どちらも必要です。

 

両方使えば、1日中浮き指対策ができますもんね。
いかに日常生活で、浮き指対策時間を長くできるかがポイント…。

 

管理人
その通りです。
浮き指の人は、24時間ずっと浮き指の状態で過ごしています。
24時間のうち、たった1〜2時間の浮き指対策では、効果が出にくいのです。

 

もし、どちらか1つに絞る場合は、それぞれのメリット・デメリットを知ってから購入しましょう。

 

下記表にそれぞれの特徴をまとめています。

浮き指改善グッズ比較

足指パッドとインソールを選ぶポイントは2つです。

選ぶポイント

  • 長時間使えるのはどちらか
  • 今、肩・腰・膝に痛みがあるか
  • 歩くと足が疲れやすいか

インソールは靴の中に敷くので、外で過ごす時間が長い人向けです。

 

また、衝撃吸収性に優れているので、現在身体に痛みがある人にも効果的です。

 

特に身体に痛みがなく、外で過ごす時間が多くない人は、足指パッドを選びましょう。

 

付け心地・手間はインソールに劣りますが、足指パッドは靴を履いた状態で使えます。

 

どちらも浮き指改善に効果がありますので、現在の身体の調子・長く使用できる方を選んでください。

 

浮き指を最短で改善するグッズは慎重に選ぶ

今回の記事のまとめです。

この記事のまとめ

  1. 足指パッドは、浮き指改善効果がある構造か確認
  2. インソールは耐久性が重要
  3. 最短の改善はどちらも使用すべき
  4. 足指パッドとインソールは特徴が違う

今回は、浮き指改善グッズについて解説しました。

 

足指パッドとインソールは、どちらもメリット・デメリットがあります。

 

毎日・長時間使える方を選ぶと、浮き指の改善が早くなります。

 

必ず、足の指で地面をけれるようになり、効果を実感することができます。

 

身体の痛みから解放され、スキニーが履けるスマートな下半身になります。

 

どちらもトレーニングは不要で、付けるだけです。

 

時間を失うリスクは一切なしで、浮き指を改善することができます。

 

グッズを使い最短で浮き指を改善しましょう!

 

スポンサーリンク

-おすすめアイテム

© 2021 テツログ|ダイエット完全攻略 Powered by AFFINGER5