おすすめアイテム

反張膝を改善するおすすめグッズ6つ【1ヶ月でふくらはぎの形を変える】

 

反張膝って、ふくらはぎを太くする原因らしい…。いろんな筋トレやストレッチを試してきたけど、ふくらはぎが痩せません。反張膝を改善して、スマートな下半身になりたい。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

 記事の内容

  • 反張膝を改善するグッズ6種類
  • 各グッズのメリットとデメリット
  • 料金や機能を比較してコスパが良いグッズを紹介
  • 反張膝の改善にかかる期間

 

 本記事の信頼性

 

 

反張膝になる原因は、身体の歪みや、筋肉バランスの崩れです。

 

ですので、反張膝は筋膜リリースや姿勢矯正などで、改善することができます。

 

筋膜リリースや、姿勢矯正は、自力で正しくおこなうことが難しく、専用のグッズが必須になります。

 

購入してから「やっぱり違うものにすれば良かった…。」とならないように、各グッズのメリット・デメリットを徹底的に解説しています。

 

では、さっそく本編に入りますね。

 

スポンサーリンク

反張膝とは

反張膝の原因

 

グッズを紹介するの前に、反張膝について軽く解説しておきます。

 

反張膝とは、膝が「逆くの字」に曲がっている状態のことです。

 

画像のように、膝が後ろに押し込まれるので、ふくらはぎも後ろに張り出します。

 

そのため、脂肪の量に関わらず、ふくらはぎがパンパンに張り、太く見えてしまうのです。

 

反張膝が原因でふくらはぎが太い人は、脂肪の量が問題ではなく、骨格・姿勢に問題があるのです。

 

だからダイエットで脂肪が減っても、ふくらはぎの細さは変わらなかったんですね…。

 

反張膝を改善すると、膝の位置が正しくなります。

 

すると、ふくらはぎは後ろに張り出す必要がなくなり、もとに戻り細くなります。

 

反張膝の原因については、別の記事で紹介していますので、そちらを参考にしてください。

 

では次から、反張膝を改善し、ふくらはぎを細くするグッズを紹介しますね。

 

反張膝を改善するグッズ6つ

 

反張膝を改善するおすすめグッズは6つです。

反張膝を改善するグッズ

  1. 足指パッド
  2. 浮き指改善インソール
  3. フォームローラー
  4. ストレッチポール
  5. 筋膜リリースバー
  6. マッサージボール

 

この6つのグッズを使うと、反張膝を改善することができます。

 

フォームローラーやインソールって、種類が多くてどれが効果的なのかわかりません…。

 

では、各グッズから、反張膝の改善に最も適したものを紹介しますね。

 

メリット・デメリットも記載していますので、ぜひ参考にしてください。

 

反張膝改善グッズ①:足指パッド

大山式ボディメイクパッド
大山式足指パッド
金額 2,178円
メリット ・浮き指改善に特化した形状
・装着するだけでOK
・金額が安い
デメリット ・寿命が2〜3ヶ月
・外出時は使いにくい

大山式の公式サイトはこちら

 

足指パッドは、反張膝の原因の1つである、浮き指を改善するグッズです。

 

足指パッドは、素足に装着するだけで、浮き指を矯正することができます。

 

難しいトレーニングは不要で、誰でもカンタンに、時間がなくても使えるおすすめのグッズです。

 

選ぶポイント

  • 浮き指の改善に特化しているか

 

足指パッドは、どの商品も見た目が似ています。

 

ですが、浮き指の改善に対応していない商品もあるので、注意が必要です。

 

本記事でおすすめしている、大山式ボディメイクパッドは、浮き指改善のために作られた商品です。

 

大学の研究でも効果が立証されているので、安心して使えますね。

\公式サイトは300円お得/

大山式の公式サイトはこちら

 

反張膝改善グッズ②:インソール

 

TENTIALインソール
TENTIALインソール
金額 8,778円
メリット ・耐久性に優れる(寿命は約1年)
・膝や腰の痛みを和らげる
・靴に入れるだけでOK
・30日間の全額返金保証あり
デメリット ・金額が高い
・外出時にしか使えない

TENTIALの公式サイトはこちら

 

TENTIAL(テンシャル)のインソールも、反張膝の原因である、浮き指を改善するためのグッズです。

 

インソールと足指パッドの違いは、使える場所です。

 

足指パッドは、素足につけることが推奨されており、室内で使用するものです。

 

インソールは靴の中に入れるので、外出時に使用します。

 

インソールと足指パッドの違い

 

インソールと足指パッド、どっちを買えばいいですか?

 

室内で過ごす時間が長い人は足指パッド、外で過ごす時間が長く、よく歩く人はインソールがおすすめです。

 

ですが、もしあなたが一刻も早く反張膝を改善したいなら、足指パッドとインソールの両方を使うべきです。

 

なぜなら、両方を使うことにより、自宅でも外出先でも、浮き指を矯正することができます。

 

浮き指を矯正している時間が長いほど、反張膝の改善が早くなります。

 

選ぶポイント

  • 浮き指改善ができる構造か
  • 耐久性に優れているか

 

まず大前提として、浮き指の改善に対応した構造であるか確認しましょう。

 

次に重要なのが、インソールの耐久性です。

 

インソールは靴入れて使うため、毎日摩耗します。

 

安価インソールの素材は、すぐにクッション性や機能が低下して、浮き指の矯正効果がなくなります。

 

紹介したテンシャルのインソールは、耐久性に優れ、寿命は約1年です。

 

金額が高いデメリットがありますが、安いものを何度も買い換えるよりは、コスパが良いです。

 

また、テンシャルのインソールには、30日間の全額返金保証があります。

 

「効果がなければ返金してもらえばいい」ので、気軽に試すことができますね。

 

\公式サイトは2足目10%OFF/

TENTIALの公式サイトはこちら

 

スポンサーリンク

反張膝改善グッズ③:フォームローラー

 

トリガーポイント グリッドフォームローラー
トリガーポイントのフォームローラー
金額 3,399円
メリット ・耐久性に優れる
・特許取得商品で筋膜リリースに最適
・セラピストの手技を再現
・血行促進や疲労を軽減する
デメリット ・使用に少し体力が必要
・10〜15分の時間が必要

 

フォームローラーは、硬くなった筋膜を、本来の柔らかさに戻すためのグッズです。

 

反張膝の人は膝の裏や、ふくらはぎの筋膜が硬くなっています。

 

膝の裏や、ふくらはぎの筋膜が硬いままだと、反張膝の改善が遅く、ふくらはぎの形も変化しにくくなります。

 

反張膝を改善し、早くふくらはぎを細くしたい人におすすめのグッズです。

 

選ぶポイント

  • 筋膜リリースに適した構造か

 

フォームローラーによっては、表面の凹凸がきつく、筋膜リリースに向いていないものがあります。

 

表面の凹凸がきついフォームローラーは、筋膜リリース時に、痛みを感じやすく逆効果です。

 

トリガーポイントのフォームローラーは、セラピストの施術を再現した、ほどよい凹凸で筋膜リリースに最適です。

 

グリッドのフォームローラーが、いわゆる正規品ですので、品質は最上クオリティです。

 

反張膝改善グッズ④:ストレッチポール

 

ストレッチポールEX
ストレッチポールEX
金額 9,350円
メリット ・仰向けに寝るだけでOK
・肩こりや腰痛にも効果あり
・医療現場で使われる品質
・使用後の変化がわかりやすい
デメリット ・金額が高い
・7〜10分の時間が必要

 

ストレッチポールは、骨盤・背骨の歪みを改善するためのグッズです。

 

ストレッチポールは、反張膝の原因の1つである、反り腰を改善することができます。

 

反り腰は、反張膝の原因でありながら、下半身を太くしている原因です。

 

反り腰と反張膝の改善を、同時にすすめることで、下半身が細くなるスピードが早くなります。

 

ストレッチポールの上に、仰向けで寝るだけで、誰でもカンタンに使えるので、おすすめですよ。

 

選ぶポイント

  • 骨盤や背骨の歪みを改善できる固さか
  • 耐久性があるか

 

紹介したストレッチポールEXは、医療や介護、アスリートの現場でも使われています。

 

特許を取得している商品だから、仰向けに寝ただけで、背骨や骨盤の歪みを改善することができます。

 

ちなみに私は、ストレッチポールを使用したレッスンを、6年以上指導しています。

 

正直、ストレッチポールEXと類似品では、使い心地・使用後の背骨・骨盤の状態がまったく違います。

 

ストレッチポールEXは、金額的は高いのですが、値段以上の価値を感じています。

 

スポンサーリンク

反張膝改善グッズ⑤:筋膜リリースバー

 

トリガーポイント グリッドSTKローラー
STK グリッドフォームローラー
金額 3,799円
メリット ・筋膜リリースに最適な構造
・ピンポイントで筋膜リリースができる
・力のコントロールがしやすい
デメリット ・長時間の使用は手が疲れる

 

筋膜リリースバーは、フォームローラーのハンディ版です。

 

硬くなった筋膜を本来の柔らかさに戻すためのグッズです。

 

フォームローラーとの違いは3つです。

筋膜リリースバーの特徴

  1. 小さい筋肉や部分的にほぐしたい所に使いやすい
  2. 自分の体重を支えずに、筋膜リリースができるので楽
  3. 目視できるので、ターゲットの筋肉を確実にほぐせる

 

反張膝は、筋膜リリースをするべき筋肉は、膝裏や、ふくらはぎの下部です。

 

フォームローラーは、大きい筋肉を全体的にほぐすのには適していますが、小さい筋肉をほぐすにはコツが必要です。

 

自分の身体を支えながら、フォームローラーを使えない場合は、ハンディ版がおすすめです。

 

選ぶポイント

  • ローラー部分が複雑なつくりでないか
  • ある程度の長さがあるか

 

ローラー部分が複雑なつくりの筋膜リリースバーは、不具合が起こりやすいです。

 

そして、長さが短いものは、選択の候補から外しましょう。

 

バーの長さが短すぎると、背中・肩甲骨・腰など、身体の背面に使いにくいです。

 

グリッドのSTKローラーは、ローラー部分の構造がしっかりしていて、長さもちょうどいいので、使いやすいですよ。

 

反張膝改善グッズ⑥:マッサージボール

 

トリガーポイント マッサージボール
トリガーポイントマッサージボール
金額 1,899円
メリット ・ピンポイントで筋膜リリースができる
・強めの圧でマッサージできる
デメリット ・大きい筋肉に使いにくい

 

マッサージボールは、フォームローラーやハンディ版よりも、さらににピンポイントで、筋肉をほぐすことができます。

 

マッサージボールの特徴は3つです。

マッサージボールの特徴

  • 硬くなった筋肉を確実にほぐせる
  • ローラーよりも強い圧でほぐせる
  • ボールを動かさなくていいのでラク

 

反張膝の人は、膝の裏とふくらはぎの下部が硬くなっています。

 

マッサージボールは、硬くなった筋肉をピンポイントでほぐすことができます。

 

そして、フォームローラーに比べると、当たる面積が小さいので、より圧がかかります。

 

なので、筋肉の奥の方までほぐすことができます。

 

選ぶポイント

  • 筋膜リリースに適した素材か
  • 滑りにくい表面か

 

おすすめのマッサージボールは、トリガーポイントの商品です。

 

表面の構造・大きさ・素材、どれをとっても高い基準です。

 

そして、最安値の場合、類似品金額に差がそこまでありません。

 

ですので、マッサージボールは、迷わずトリガーポイントを選んでOKです。

 

まとめ:自分が継続できそうな反張膝改善するグッズを選ぼう

この記事のまとめです。

この記事のまとめ

  1. 最短で改善したいならグッズは必須
  2. 反張膝の改善に対応した構造かチェック
  3. 正規品を最安値で揃えると失敗がない
  4. 1ヶ月継続できそうなグッズを選ぶ

 

反張膝や下半身太りを改善するグッズは、数多く販売されています。

 

1回あたりの使用時間が短く、効果を出せるものを選ばなければいけません。

 

反張膝の改善に失敗したくない人は、正規品を最安値で購入すべきです。

 

「これなら続けられそう」と思ったものからスタートしてみてくださいね。

【おすすめ商品一覧】

スポンサーリンク

-おすすめアイテム

© 2021 テツログ|ダイエット完全攻略 Powered by AFFINGER5