おすすめアイテム

反張膝を改善するおすすめグッズ6つ【1ヶ月でふくらはぎの形を変える】

反張膝は、筋膜リリースや足裏・骨盤の歪みを整えることで改善します。

筋膜リリースや足裏・骨盤の歪みを整えるには、グッズが必要です。

 

自分で行う、ストレッチや筋トレではダメですか?

 

自力で行うストレッチやマッサージには、限界があります。

改善までに、かなり遠回りをすることになってしまいます。

 

最短で反張膝を改善し、下半身痩せをしたい人は、グッズを必ず使用しましょう!

今回は最短(1ヶ月)で下半身太りを改善するグッズを6つ紹介します。

 

 本記事の信頼性

 

購入してから「やっぱり違うものにすれば良かった…。」とならないように、各グッズの特徴や、差を徹底的に解説しました。

 

反張膝・下半身太りを改善したい方は、必読です!

スポンサーリンク

反張膝改善グッズ①足指パッド

反張膝改善足指パッド比較表

足指パッドは、反張膝の原因の1つである、浮き指を改善するグッズです。

足指パッドはつけているだけで、浮き指を改善することができます。

トレーニングは一切不要です。

誰でも気軽に、時間を割かずに使えるのでおすすめのグッズです。

 

つけるだけなら、私にも続けられそう!
選ぶときに、注意するポイントはありますか?

 

管理人

浮き指の改善に、特化しているものを選びましょう。
大山式であれば、間違いありません!

 

足指パッドは、どの商品も見た目が似ています。

中には、浮き指の改善に対応していない商品があります。

 

私がおすすめする大山式は、浮き指改善のために作られた商品です。

反張膝を改善し、下半身を細くするなら、大山式を選びましょう。

反張膝改善グッズ②インソール

反張膝改善インソール比較表

インソールも足指パッドと同じく、浮き指を改善するグッズです。

インソールと足指パッドの違いは、使う場所です。

 

足指パッドは、素足につけて、室内で使用するものです。

インソールは、お手持ちの靴の中に敷き、外出時に使用します。

 

足指パッドとインソールの、両方を使用する理由は、1日24時間の内、浮き指を矯正する時間をできるだけ長くするためです。

インソールも、敷いて歩くだけで、トレーニングは一切不要です。

 

改善するなら、徹底的にしたい!
インソールを選ぶポイントはありますか?

 

管理人
必ず、耐久性があるものを選びましょう。
安価な商品は、すぐに形崩れ・クッション性が低下します。

 

まず大前提に、浮き指改善に対応した構造であるか確認しましょう。

 

次に重要なのが、耐久性です。

 

インソールは靴の中に敷いて使用します。

長時間、体重がかかった状態です。

安価な素材は、すぐにクッション性や機能が低下してしまいます。

 

紹介したTENTIALは、高機能素材で、高い耐久性を誇ります。

人工レザーで中滑りがなく、足指で地面を掴める感覚があります。

 

高い金額がネックですが、30日間の返金保証制度があります。

「効果がなければ、返金してもらえばいい」ので、気軽に試すことができます。

スポンサーリンク

反張膝改善グッズ③フォームローラー

反張膝改善フォームローラー比較

フォームローラーは、固まった筋肉を、元の柔らかさに戻すためのグッズです。

自分の体重を利用して、筋肉に圧をかけてほぐします。

 

正規品と類似品では、金額に差がありますね。
金額の差は、何が理由なのでしょうか?

 

管理人
表面の構造に違いがあります。
正規品は特許製品で、セラピストの手技を再現した構造です。

 

フォームローラーの魅力は、自宅でセラピストの手技を受けられることです。

ですので、表面の構造や素材には、必ずこだわってください。

 

類似品の中で、正規品より上の品質のものはりません。

 

フォームローラーは間違いなく、トリガーポイントのグリッドフォームローラーを選ぶべきです。

反張膝改善グッズ④ストレッチポール

反張膝改善ストレッチポール比較表

ストレッチポールは、骨盤の歪みを改善するために使用します。

反張膝で下半身が太い人は、例外なく反り腰です。

 

ストレッチポールは、反り腰改善を誰でも簡単にできるグッズです。

 

正規品と類似品で、金額が全然違いますね…。
この差は何が理由なのでしょうか?

 

管理人
正規品は、日本唯一の技術で作られたものです。

骨盤や背骨の歪み改善に、最も適した固さを再現しているのです。

 

私は、ストレッチポールを使用したレッスンを、6年以上指導しています。

正規品と類似品では、使い心地が全く違います。

 

使用時の固さはもちろん、使用後の背骨・骨盤の状態も違います。

正規品の方が筋肉がゆるみ、リラックス状態になります。

 

金額的にはかなり高いのですが、値段以上の価値を感じています。

確実に反張膝・骨盤の歪みを改善したい人は、絶対に正規品のストレッチポールEXを選ぶべきです。

スポンサーリンク

反張膝改善グッズ⑤筋膜リリースバー

反張膝改善筋膜リリースバー比較表

筋膜リリースバーは、固まった筋肉を、元の柔らかさに戻すためのものです。

先ほど紹介した、フォームローラーのハンディ版だと考えてください。

フォームローラーとの違いは、下記3つです。

筋膜リリースバーの特徴

  • 小さい筋肉、部分的にほぐしたい所に使いやすい
  • 自分の体重を支えずに、筋膜リリースができるので楽
  • 目視できるので、ターゲットの筋肉を確実にほぐせる

 

反張膝の場合、ほぐしたい筋肉が決まっています。

まずは、太もも前(膝の近く)・ふくらはぎ(足首側)をほぐすべきなのです。

 

フォームローラーは、全体をほぐすのには適していますが、小さい筋肉をほぐすにはコツが必要です。

上手く身体を支えながら、フォームローラーを使えない場合は、ハンディ版がおすすめです。

 

それぞれのグッズに、メリット・デメリットがあるんですね。
ハンディ版を選ぶポイントはありますか?

 

管理人
「ローラーが複雑な作りでないもの」と「ある程度長さがあるもの」を選びましょう。

ローラー部分が細かく独立しているものは、不具合が起こりやすいです。

複雑すぎない構造のものを選びましょう。

 

そして、長さが短いものは、選択の候補から外しましょう。

短すぎると、使い勝手が悪いです。

 

反張膝改善の場合は、ふくらはぎ・太もも前に使用するので、問題ありません。

 

しかし、背中・肩甲骨・腰など、身体の背面になると、使いにくいです。

 

反張膝以外に、肩こりや腰痛がある人は、背面もケアできる長さを選びましょう。

ローラー部分の構造と、長さの、両方をクリアしているのが、グリッドの商品です。

反張膝改善グッズ⑥マッサージボール

反張膝改善マッサージボール比較表

マッサージボールは固まった筋肉を、元の柔らかさに戻すためのものです。

フォームローラーやハンディ版よりも、更にピンポイントで、筋肉をほぐすことができます。

マッサージボールの特徴は、下記3つです。

マッサージボールの特徴

  • 硬くなった筋肉を確実にほぐせる
  • ローラーよりも強い圧でほぐせる
  • 身体やローラーを動かさないので、楽にできる

反張膝の人は、太もも前(膝の近く)と、ふくらはぎ(足首側)が、特に硬くなっています。

 

マッサージボールはピンポイントで、その筋肉をほぐすことができます。

 

ローラーに比べると、当たる面積が小さいので、より圧がかかります。

なので、筋肉の奥の方までほぐすことができます。

 

ボールは、筋肉の奥の方までほぐすのに適しているんですね!

選ぶポイントはありますか?

 

管理人

「筋膜リリースに適したEVA素材」と「滑りにくい構造のもの」を選びましょう。
表面に、凹凸があるのもは、滑りにくいです!

 

マッサージボールのおすすめは、トリガーポイントの商品です。

 

表面の構造・大きさ・素材、どれをとっても高い基準です。

また、最安値の場合、類似品金額に差がそこまでありません。

 

筋膜リリースのグッズは、トリガーポイントで揃えるべきです。

正規品の品質・耐久性を超える類似品はありません。

反張膝を改善するグッズのまとめ

今回の記事のまとめです。

この記事のまとめ

  1. 最短で改善したいならグッズは必須
  2. 反張膝改善に対応した構造か要チェック
  3. 正規品の品質・耐久性を超える類似品はない
  4. 正規品を最安値で揃えると失敗がない

反張膝・下半身太りを改善するグッズは、数多く販売されています。

1回あたりの使用時間が短く、効果を出せるものを選ばなければいけません。

 

効果を出す要素は、素材・構造が、改善したい悩みに適しているかです。

改善に失敗したくない人は、正規品を最安値で購入すべきです。

 

私は、正規品を最安値ですべて揃え、1ヶ月間で下半身太りを改善しました。

 

質の良い商品は、使い心地がよく、使い続けたくなるものです。

紹介したグッズは、今でも使い続けています。

 

グッズが自宅に届いたら、反張膝・下半身太り改善の第一歩です!

使い続ければ、誰にでも反張膝・下半身太りは改善できます。

【おすすめ商品一覧】

スポンサーリンク

-おすすめアイテム

© 2021 テツログ|ダイエット完全攻略 Powered by AFFINGER5