下半身太り改善

反り腰を改善するストレッチポールの使い方【1日たった10分】

 

反り腰を解消して、スキニーを履けるような、スマートな体型になりたい…。
ストレッチポールで、改善できるって聞いたけど…本当かな…。

 

ストレッチポールは、反り腰を改善することができるアイテムです。

 

1日10分使うだけで、反り腰が解消します。
しかも、その使い方はシンプルで簡単。

 

1日たった10分で、効果が出るんですね…!
短時間なら私にも続けられそう!

 

管理人
短時間で効果が出るのが、ストレッチポールの魅力です。
10分間使うと、腰がかなり楽になりますよ。

 

ストレッチポールを使うと、骨盤の歪みが整います。下半身がスッキリして、むくみが改善されます。

 

太って入らなくなったズボンが、また履けるようになります。

 

憧れのスキニーも、自信を持って履くことができます。

 

好きな服が着れるようになって、お洒落を心から楽しむことができます。

 

スキニーは諦めていました…。
生まれてから、ずっと下半身が太い私でも痩せられますか?

 

管理人
継続することで、誰でも下半身痩せはできます。
私も昔は、下半身太りで悩んでいました。
今は、ストレッチポールのおかげで、スキニーが履けるようになりました!

 

ストレッチポールがあれば、1日たった10分で、反り腰を改善することができます。

 

 記事の内容
  • 使い方のコツを5つ
  • 使用頻度や時間
  • 効率よく反り腰を解消する2つの方法

 本記事の信頼性

 

簡単すぎて、拍子抜けするかもしれませんが…
さっそく使い方を解説します!

 

反り腰を改善するストレッチポールの使い方

 

ストレッチポールは、しんどい動作を行う必要がありません。

シンプルかつ、ラクに、反り腰を改善することができます。

ストレッチポールの使い方

  • ストレッチポールの上に仰向けで乗る

使い方は、たったこれだけです。
仰向けで、寝るだけでOKです。

 

これを毎日10分継続するだけで、反り腰が改善し、下半身太りから解放されます。

 

本当にこれだけで改善するのかな…。簡単すぎませんか?

 

管理人
私は毎日10分を継続して、反り腰が改善しましたよ。
ストレッチポールは、見た目以上に機能的なアイテムです。

 

なぜこんなに簡単に、反り腰が改善するのか、詳細は下記で解説しています。

≫ストレッチポールが反り腰を改善する理由【図で解説】

 

次は、ストレッチポールに乗る際のコツを5つ解説します。

 

反り腰を改善するストレッチポールの乗り方

 

乗り方に、5つのポイントがありますので紹介します。

5つのポイント

  • ポールの縫い目がお尻側になるように乗る
  • 頭からお尻までをストレッチポールに収める
  • 膝を立てる
  • 足は腰幅にする
  • 手のひらを天井に向ける

多く感じるかも知れませんが、一度知ってしまえば、次から乗った瞬間にこの姿勢が作れます。

 

これならできる…!
ちなみに、ストレットポールはどれを使ってもいいですか?

 

管理人
おすすめは、ストレッチポールEXです。安価なものだと、リラックス効果だけで、歪みを整えるのには向いていません。

 

おすすめのストレッチポールは、下記記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

≫反り腰を改善するストレッチポール2種類を紹介【インストラクターが選ぶ】

 

では、使い方を①から順番に解説します。

 

①縫い目がお尻側になるように乗る

ストレッチポールを見ると、片方の端には縫い目があります。

 

使う時は、縫い目がお尻側にくるようにしましょう。

 

理由は、頭で縫い目を踏んでしまうと、違和感を感じてしまうからです。

 

違和感はリラックス(脱力)の妨げになるので注意しましょう。

 

②頭からお尻までをストレッチポールに収める

図のように、頭やお尻がポールからはみ出さないように、あお向けになりましょう。

 

どちらかがはみ出ると、身体に力が入ります。

 

ストレッチポールは、脱力することで効果が出ます。

 

ポールに仰向けになった後は、脱力できているか必ずチェックしましょう。

 

③④膝を立て足は腰幅にする

必ず膝は立てましょう。
膝を伸ばしたままだと、上手く脱力することができません

 

また、膝を伸ばしてしまうと、反り腰を助長してしまい、図のように腰が反ってしまいます。

 

必ず膝を立てて、足を開きましょう。
開く幅の目安は、腰幅です。

 

極端に広い・狭い幅でなければ、バランスが取りやすく、リラックスできる幅でOKです。

 

⑤手のひらは天井に向ける

⑤は意外と、できてない人が多いです。

 

ストレッチポールに乗ると、図のように、腕がダランと床に着きます。

 

この時、手のひらは必ず天井に向けましょう。

 

手のひらを天井に向けることで、胸が開きストレッチされます。

 

すると、深く呼吸をすることができ、脱力することができます。

 

反対に、手の手のひらを床に着けると、胸が閉じた状態になります。

 

深い呼吸ができず、脱力することができません。

 

反り腰を効率よく改善するバリエーション

 

上記の①〜⑤の姿勢でキープするだけでも、充分な効果があります。

 

もっと効率よく、反り腰を改善したい場合は、2つの動作を取り入れてみてください。

2つの動作

  • 乗ったまま左右に揺らぐ
  • 乗ったまま腰とストレッチポールのスペースを潰す

どちらも簡単で、辛くないので、安心してください。

 

①乗ったまま左右に揺らぐ

仰向けでストレッチポールに乗ったら、身体を左右にスライドさせます。

 

スライドする幅に、決まりはありません。
脱力できる範囲で行ってください。

 

スライド幅を広げて、身体に力が入ってしまうと、効果が出なくなるので注意です。

時間の目安

  • 1〜2分間を2〜3セット

 

②乗ったまま腰とストレッチポールのスペースを潰す

 

反り腰の人は、ストレッチポールに仰向けになった時、ポールと腰にスペースがあります。

 

そのスペースを、腹筋の力を使って潰します。

動作のポイント

  • お腹の力でをスペースを潰す
  • 肩や首が力まない範囲で行う
  • 潰した状態を10〜30秒キープ
  • 3〜4回行う
  • キープしている間呼吸は止めない

反り腰の人は、お腹のインナーマッスルを上手く使えていないので、骨盤が前に倒れています。

 

この動作は、インナーマッスルを使えるようにする練習です。

 

本当だ!
スペースを潰すと、腹筋に力が入ります!

 

管理人
「腹筋を使っている感覚」が分かればOKです。

 

スペースを潰した時、肩や首に力が入る息が止まる場合があります。

 

それは、上手くお腹のインナーマッスルが、使えていないサインです。

 

今はうまく使えなくても、続けることで、必ずインナーマッスルが使えるようになります。

 

また別記事にて、反り腰の人が鍛えるべき部位を、解説していますので、参考にしてください。

≫反り腰改善でトレーニングするべき筋肉【普通のトレーニングは効果なし】

 

反り腰の改善はストレッチポールで簡単にできる

今回の記事のまとめです。

記事のまとめ

  • 1日10〜15分だけでOK
  • 仰向けに乗るだけでも効果がある
  • 動作を加えると更に効果的

ストレッチポールの使い方は、1日10分間、仰向けで乗るだけです。

 

時間が作れないという方も、1日10分ならできるのではないでしょうか?

 

朝目が覚めてから、ベットでぼんやり過ごす時間を、ストレッチポールを使う時間に変えるてみる。

 

テレビドラマや映画、YouTubeを長時間見ている時間を一旦区切って、ストレッチポールの上で休憩をする。

 

これならできそうな気がします…!

 

今の生活をガラッと変えなくても、すぐに始められるのが、ストレッチポールの魅力です。

 

ストレッチポールに選びさえ失敗しなければ、必ず効果を実感できます。

 

反り腰改善に、おすすめのストレッチポールは、下記で紹介しています。

≫反り腰を改善するストレッチポール2種類を紹介【インストラクターが選ぶ】

スポンサーリンク

-下半身太り改善

© 2021 テツログ|ダイエット完全攻略 Powered by AFFINGER5