下半身太り改善

反張膝の原因と改善方法【下半身だけ痩せないから解放】

 

反張膝は下半身が痩せなくなって、ふくらはぎが太くなると聞きました。なんで反張膝って起こるんだろう…?反張膝の原因と改善方法を知って、下半身太りを改善したいです。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

 記事の内容

  • 反張膝が起こる原因
  • 反張膝を改善してふくらはぎを細くする方法

 

 

 本記事の信頼性

 

反張膝とは、膝が反り、奥に押し込まれた状態のことです。

 

反張膝は、下半身が痩せない、ふくらはぎが太くなる原因です。

 

反張膝

 

画像のように、反張膝は脚のシルエット自体を変えてしまいます。

 

そのため、ダイエットで脂肪が落ちても、ふくらはぎだけ細くならないのです。

 

あなたを悩ませている下半身太りや、ふくらはぎの太さは、反張膝が原因かもしれません。

 

前置きが長くなりましたが、本編へ入りましょう。

 

スポンサーリンク

反張膝とは

 

反張膝とは、膝が奥に押し込まれ「くの字」に曲がっている状態のことです。

 

画像のように、膝が後ろに押し込まれるので、ふくらはぎも後ろにアーチを張った状態になります。

 

ダイエットで脂肪が落ちたとしても、反張膝を改善しないかぎり、ふくらはぎは後ろに張り出したままです。

 

いくら脂肪を落としても、ふくらはぎだけが太い、または太く見えてしまうのです。

 

反張膝のデメリット

 

反張膝のデメリットは、ふくらはぎが太くなるだけではありません。

 

反張膝のデメリットは全部で3つです。

反張膝のデメリット

  • ふくらはぎが太くなる
  • 反り腰になる
  • 関節に痛みが出る

 

まだ紹介していない反り腰や、関節の痛みについて解説しますね。

 

反張膝は反り腰になる原因

 

反張膝は、反り腰になる原因の1つです。

 

反り腰になると、ふくらはぎだけでなく、下半身全体を太くして、痩せにくくなります。

 

 

反張膝は肩・腰・膝の痛みの原因

 

反張膝の人は、下半身の筋肉が硬くなっています。

 

硬くなった筋肉は、関節が痛くなる原因になります。

 

なぜなら、硬くなった筋肉は、衝撃を吸収することができないからです。

 

例えばこの場合、どちらの方が衝撃が少ないと思いますか?

 

 

もちろん、ゴムボールの方が衝撃が少ないですよね。

 

この例えの場合

  • ガラス玉:反張膝で硬くなった筋肉
  • ゴムボール:柔らかい筋肉

 

 

となり、反張膝で硬くなった筋肉は、肩・腰・膝の痛みにつながります。

 

せっかくダイエットで始めた筋トレやジョギングを、泣く泣く中止しなければいけません。

 

スポンサーリンク

反張膝の原因

 

反張膝の原因は、日常生活の身体の使い方にあります。

 

主な原因は2つです。

反張膝の原因

  1. 足裏の重心がかかと側にかたよる
  2. 膝を支える筋力のバランスが崩れている

 

2つの原因について解説しますね。

 

足裏の重心がかかと側にかたよる

 

反張膝の原因は、足裏の重心がかかと側にかたよることです。

 

重心がかかと側にかたよる原因は2つです。

重心がかかと側にかたよる原因

  • ヒールの高い靴を履く
  • サイズが合っていない靴を履く

このように、靴が原因で、足裏の重心がかかと側にかたよります。

 

重心がかかと側にかたよると、足の指が浮く「浮き指」の状態になります。

 

反張膝と浮き指

 

浮き指になると、太もも・ふくらはぎを酷使して、身体のバランスを保とうとします。

 

太もも・ふくらはぎを酷使する=筋肉を使い続けるということです。

 

使われ続けた筋肉は、パンパンに張るため、ふくらはぎや太ももが太くなります。

 

筋力のバランスが崩れている

 

反張膝の人は、膝を支える筋力のバランスが崩れています。

 

膝は、太ももの前と、太ももの裏の筋肉によって支えられています。

 

反張膝と筋力バランスの崩れ

 

膝の関節が安定せず、正しい位置にキープできなくなり、反張膝を起こしてしまいます。

 

この2つの筋力のバランスが崩れると、画像のように、関節が安定しません。

 

反張膝を改善するには、足裏の重心を均等にして、筋力のバランスを整えなければいけません。

 

次は、反張膝を改善する方法を紹介しますね。

 

反張膝の改善方法

 

反張膝を改善する方法は3つです。

反張膝を改善する方法

  1. グッズを使って浮き指を矯正する
  2. 反張膝の人は反り腰の場合がほとんど
  3. 反張膝と反り腰の改善を同時に進める膝の裏・ふくらはぎの筋膜リリースをする
  4. 骨盤の歪みを矯正する

 

この3つの方法で、誰でも1〜2ヶ月の期間で、反張膝を改善することができます。

 

では、具体的な改善方法を解説します。

 

グッズを使って浮き指を矯正する

 

浮き指を改善することで、反張膝を根本的に改善することができます。

 

浮き指は、かかと側にかたよった重心を均等にすることで改善します。

 

浮き指の改善ができるグッズは2つです。

浮き指改善グッズ

  • 足指パッド
  • インソール

足指パッドとインソールは、装着するだけで、浮き指を勝手に矯正してくれるグッズです。

 

浮き指は、トレーニングでの改善が難しく、グッズで矯正するのが、もっとも効率的な方法です。

 

膝の裏・ふくらはぎの筋膜リリース

 

反張膝の人は、下半身の筋肉が硬くなっています。

 

ですので、フォームローラーを使って、筋膜リリースを行いましょう。

 

とくに、膝の裏とふくらはぎが硬くなっていますので、筋膜リリースで本来の柔らかさにもどさなければいけません。

 

反張膝は、硬くなった筋肉が、膝を間違った場所に固定しているため起こっています。

 

なので、反張膝は筋肉が硬いままでは、改善できません。

 

別の記事で、ふくらはぎと膝裏の、筋膜リリースの方法を紹介しています。

 

反り腰を改善するフォームローラーの使い方【1日15分で改善】

 

骨盤の歪みを矯正する

 

反張膝の人は、大半が骨盤が前に倒れている、反り腰の状態です。

 

誰でもカンタンに骨盤を矯正する方法は、ストレッチポールです。

 

反張膝と反り腰、どちらが先になったかは、人によって違います。

 

ですので、反張膝だけを改善しても、反り腰が原因で、また反張膝になる可能性があります。

 

さらに、反張膝だけを改善しても、反り腰が原因で、下半身太りが改善できない場合もあります。

 

反張膝の改善と、反り腰の改善を同時に行うことで、下半身太りが最短で改善します。

 

スポンサーリンク

まとめ:反張膝とは下半身を太くする原因

今回の記事のまとめです。

この記事のまとめ

  1. 反張膝は太もも・ふくらはぎが太く見える原因
  2. 脂肪が落ちても下半身が太いまま
  3. 反張膝の人は反り腰の場合がほとんど
  4. 反張膝と反り腰の改善を同時に進める

 

反張膝は下半身を太くする、または下半身だけ痩せなくする原因です。

 

スキニーを履きたい人にとって、反張膝はデメリットしかありません。

 

本記事で、反張膝のメカニズムや原因がわかったと思います。

 

ですので、あとは紹介した改善方法を続けるのみです。

 

今日から始めれば、最短でスキニーが履けるようになりますよ。

スポンサーリンク

-下半身太り改善

© 2021 テツログ|ダイエット完全攻略 Powered by AFFINGER5